古橋亨梧、移籍金49億円でサウサンプトンに1月移籍か❓❗

古橋亨梧、移籍金49億円でサウサンプトンに1月移籍か❓❗

古橋亨梧、移籍金49億円でサウサンプトンに1月移籍か❓❗

古橋 亨梧(ふるはし きょうご、本名:古橋〈読み同じ〉、1995年1月20日 – )は、奈良県生駒市出身のプロサッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。ポジションはFW。日本代表。 桜ヶ丘FCでサッカーを始め、アスペガス生駒FC、興國高校、中央大学を経て、全日本大学…
25キロバイト (2,964 語) – 2022年9月9日 (金) 13:39

(出典 img-footballchannel.com)

1 ゴアマガラ ★ :2022/09/17(土) 13:38:35.21ID:CAP_USER9

スコットランド・プレミアリーグのセルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(27)が来年1月にもイングランドに移籍する可能性が高まっていると地元メディア「CELTIC BHOYS」が伝えている。

昨年夏にJ1神戸から加入後、負傷で長期間の離脱がありながらも公式戦22試合16得点をマークし、リーグ制覇に貢献。今季もリーグ6試合6得点と絶好調だ。
同メディアは「古橋はセルティックのスターであり、クラブで最も人気のある選手としての地位を確立した」と伝えている。

その上で「日本の国際的なスターはすばらしいパフォーマンスでサポーターの信頼と愛に応えてきた。彼が今後もセルティックでこのようなパフォーマンスを続けてくれることを願うが、
プレミアリーグのクラブが彼を求める日も遠くないかもしれない。すでに南部のいくつかのチームと関係がある」と指摘した。

これまで古橋に興味を示した英南部のクラブといえば、サウサンプトンだ。日本代表MF南野拓実(現モナコ)がレンタルで加入し、同DF吉田麻也(現シャルケ)が所属していたクラブ。
かねて日本選手の勤勉さを高く評価している。それだけに移籍市場が解禁となる来年1月にも古橋の獲得に乗り出す可能性は高そうだ。

すでに古橋の移籍金は3000万ポンド(約48億9000万円)と報じられている中、今後のパフォーマンスとともに移籍の動向が気になるところだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4448021/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事