【速報】台風14号 あす過去最強クラスで九州へ 特別警報発表の可能性も…

【速報】台風14号 あす過去最強クラスで九州へ 特別警報発表の可能性も…

【速報】台風14号 あす過去最強クラスで九州へ 特別警報発表の可能性も…

特別警報(とくべつけいほう、英: Emergency Warning)は、日本において、気象災害、水害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に、気象庁が警告のために発表する情報。警報の一種ではあるが、警報の発表基準をはるかに超える規模で起きるような甚大な被害が発生する恐れがあ…
77キロバイト (8,634 語) – 2022年9月16日 (金) 08:50

(出典 猛烈な台風14号が明日九州に 60m/s超の猛烈な風で建物倒壊おそれ …)
コロッケ買って来る ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

1 Stargazer ★ :2022/09/17(土) 12:22:19.66ID:S07s3Ybi9

大型で猛烈な台風14号は、今夜(17日)~19日にかけて奄美地方と九州にかなり接近・上陸のおそれも。九州では記録的な暴風や高波・高潮・大雨となるおそれがあり、特別警報を発表する可能性も。暗くなる前に早めの避難や対策を。

台風14号は、17日10時現在、「大型」で「猛烈な」勢力で、南大東島の東約180キロを1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心気圧は910hPaと、今年最も発達した台風となっています。

このあとも、台風は南大東島の東海上を北西へ進み、猛烈な勢力を維持したまま、きょう17日(土)の昼過ぎに大東島地方に最も接近。その後、あす18日(日)には奄美大島の東海上を通って、九州へ接近・上陸するおそれがあります。

気象庁は、九州では、記録的な暴風や高波・高潮・大雨となるおそれがあり、特別警報を発表する可能性があると発表。17日の明るい内に対策を。早め早めに身の安全を確保して下さい。

また、九州南部・奄美地方では、17日夜~18日かけて、線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるため厳重な警戒が必要です。

台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。

具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒する恐れがありますので、絶対にやめてください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2dd48bcc2d5fc1783e0b795f3c871fdd1cb24226

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事