【悲報】中国、EVが事故で発火、ドアが開かず オーナーが生きたまま焼かれる…

【悲報】中国、EVが事故で発火、ドアが開かず オーナーが生きたまま焼かれる…

【悲報】中国、EVが事故で発火、ドアが開かず オーナーが生きたまま焼かれる…

ポルシェタイカン(Porsche Taycan)は、ポルシェが製造する電気自動車である。 2015年にコンセプトカー「ミッションE」として発表され、2019年のフランクフルトモーターショーで初公開された、ポルシェ初の量産電気自動車である。 スポーティ性と日常性を兼ね備えたサルーン、およびクロスオ…
3キロバイト (322 語) – 2021年10月7日 (木) 05:59

(出典 苏州一保时捷Taycan碰撞后起火!车门无法打开,驾驶员未能脱困)
EVは良く燃えるなぁ~

1 お断り ★ :2022/09/16(金) 15:25:10.02ID:wTPRVNZf9

苏州一保时捷Taycan碰撞后起火!车门无法打开,驾驶员未能脱困
蘇州でポルシェタイカンが衝突事故を起こし発火、車のドアが開かず運転手は外に出られない

ポルシェのEV(電気自動車)が炎上し運転手が死亡したというニュースがネット上で広まりました。
警察と救助隊が火災の収拾にあたりましたがEVスポーツカーは完全に焼けてしまいスクラップ状態となっています。
別の情報提供者によると、亡くなったオーナーは30代だという。
ポルシェタイカンは、ポルシェブランド初の量産型純電気自動車で、中国市場向けの販売価格は89万8000元(1796万円)からとなっています。

網易新聞 2022/9/15 ソース中国語 『苏州一保时捷Taycan碰撞后起火!车门无法打开,驾驶员未能脱困』
https://www.163.com/dy/article/HHAMO3430519D4UH.html

撞上护栏瞬间起火!曝保时捷车主打不开车门被活活烧死
ガードレールに衝突して炎上、 ドアが開かなくなったポルシェのオーナーが生きたまま焼かれる

【スマートカーニュース】 近年、EV(電気自動車)の普及が進んでいますが、同時にEVの火災事故が相次いでおり
一部のEV所有者は命の代償を払っています。 Weibo@Spicy Car Reviewによると、9月5日に蘇州で
ポルシェタイカンがガードレールに衝突した後、火災が発生し、乗員は車から出られずに生きたまま焼かれたという。
燃料車であれば、このような問題はありえなかったとのことです。

関係者の話によればガードレールに衝突した後、車は早く燃え上がり、オーナーは対応できなかったようです。
しかし、なぜドアを開けられなかったのかは不明です。より高度なインテリジェンスを備えた車では、ドアが理由もなく
「ロックされた」状態になることがあると考えられています。

網易新聞 2022/9/14 ソース中国語 『撞上护栏瞬间起火!曝保时捷车主打不开车门被活活烧死』
https://www.163.com/dy/article/HH7OGAM005476C4F.html

画像

(出典 n.sinaimg.cn)

https://ift.tt/43t6uNO

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事