【芸能】綾野剛 主演映画で性的シーンが女優の“了承ないまま“撮影された過去

【芸能】綾野剛 主演映画で性的シーンが女優の“了承ないまま“撮影された過去

【芸能】綾野剛 主演映画で性的シーンが女優の“了承ないまま“撮影された過去

綾野 (あやの ごう、1982年〈昭和57年〉1月26日 – )は、日本の俳優。岐阜県岐阜市出身、トライストーン・エンタテイメント所属。 1982年1月26日、岐阜県岐阜市に生まれる。高校までは陸上競技に打ち込み、中学時代には岐阜県中学校陸上競技大会の800mで優勝、高校時代には岐阜県高等学校陸上
75キロバイト (9,788 語) – 2022年9月13日 (火) 14:54

(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)
問題が尽きないですね 

1 愛の戦士 ★ :2022/09/05(月) 13:21:19.49 ID:CAP_USER9.net

週刊女性PRIME 9/4(日) 20:01

 映画『死刑に至る病』『孤狼の血』『凶悪』などを手掛けた映画監督・白石和彌氏。現在は、西島秀俊と中村倫也がW主演を務める監督作『仮面ライダーBLACK SUN』(Amazonプライムビデオ)の配信開始を10月に控えるなど、精力的に活動しているが、ネット上では、白石監督が過去、俳優に詳細を伝えないまま濡れ場シーンの撮影を行っていたことが物議を醸している。

「もしかしたら(キスの)先までいくかも」
 白石監督といえば、今年、日本映画界の性暴力/ハラスメント告発が相次いだことを受け、いち早く防止策への提言を行っていた人物だけに、驚いている人も少なくないようだ。

 SNS上で問題視されている映画は、2016年6月公開の綾野剛主演作『日本で一番悪い奴ら』。日本警察史上最大の不祥事とされる北海道警察の「稲葉事件」をモチーフにした作品で、綾野は正義感が強い好青年だったものの、業績を上げるために裏社会とのパイプを築き、悪事に手を染めていく北海道警察の刑事・諸星要一役を演じている。

「あるスポーツ新聞が配信した、当時の同作のトークイベントのレポート記事が、SNSで大拡散されたんです。物議を醸しているのは、諸星と、矢吹春奈演じるすすきののホステス・田里由貴の性行為シーンに関する“裏話”。

 白石監督によると、同作には、諸星が薬物に溺れた由貴を殴りながら性行為を行うシーンがあるものの、当初、台本にはなかったとのこと。しかし、綾野が≪監督、俺、*したいっス≫と申し出たため、矢吹に詳細を明かさぬまま、≪『もしかしたら(キスの)先までいくかも』くらいに≫伝えたといいます。

 スポーツ紙の記事は、綾野がスケベ心から性行為シーンを要求したと書かれており、そこはさすがに自身の役と作品のことを考えての提案だったと思いますが、矢吹にしっかり了承を得ぬまま撮影した点は見過ごせません」(芸能ライター)

 矢吹本人は≪脱がされても、何が起こってもいいように≫マイクを外し、そのシーンを演じきったといい、「日刊スポーツ」のインタビューでは≪クスリに溺れているわけですから、*を求める気持ちが強くなるんじゃないか。いろいろ悩んだんですけど…キレイに撮ってくださって、とても好きなシーンになりました≫とも述べているが、「俳優側が苦痛を感じる可能性のある演出」(同・前)と言っていいだろう。

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/2dc079729b71de51041b43e32af9a089eb46ec88

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事