【悲報】韓国製ダイエット薬から覚醒剤を検出、日本人女性500人以上がネット通販で購入輸入か…

【悲報】韓国製ダイエット薬から覚醒剤を検出、日本人女性500人以上がネット通販で購入輸入か…

【悲報】韓国製ダイエット薬から覚醒剤を検出、日本人女性500人以上がネット通販で購入輸入か…

覚醒剤取締法 (覚せい剤取締法からのリダイレクト)
号および同法69条の11第1項第1号における「覚せい剤覚せい剤取締法にいう覚せい剤原料を含む。)」を「覚醒剤(覚せい剤取締法にいう覚せい剤原料を含む。)」に改めており、定義語ではない「覚せい剤」は「覚醒剤」に改める一方で覚せい剤取締法にいう「覚せい剤原料」については従来の表記を維持している。薬物
11キロバイト (1,717 語) – 2022年8月28日 (日) 23:38

(出典 韓国から輸入したダイエット薬が“覚せい剤”に-危ないサプリ&健康食品 …)
うわぁ~最悪 韓国では問題ないの (。´・ω・)?

1 レムデシビル(茸) [US] :2022/09/15(木) 15:43:09.03ID:HIhQRvA90

韓国から輸入したダイエット薬が“覚せい剤”に-危ないサプリ&健康食品
https://news.nifty.com/article/item/neta/12268-1870487/

「韓国でネット販売されているダイエット薬『スーペリンタブ』から、覚せい剤の原料となる『プソイドエフェドリン』が基準値を超える濃度で検出されました。8月上旬、1カ月分を2万円ほどで購入し、日本に輸入した日本人女性が家宅捜索を受けました。日本国内で、30代から40代の女性を中心に500件以上も購入されているとみられていて、健康被害も懸念されます」(医療ジャーナリスト)

気軽にネット購入したサプリに違法成分が含まれていたり、健康被害につながったりするケースが年々増えているという。薬剤師で医療ジャーナリストの吉澤恵理さんが語る。

「サプリは食品に分類されるため薬のような一定の規定がなく、すべてが安全とはいえません。特に海外製品については日本での規制が追いついていないのが現状です」

金沢大学助教で臨床薬学博士の吉田直子さんも警鐘を鳴らす。

「コロナ禍でネットショッピングがより身近になりました。簡単に海外から個人輸入できるため、いっそうの注意が必要です」

近年、国や自治体などで購入・使用を控えるなど注意喚起されたり、メディアで危険性を指摘されたサプリや健康食品は数多くある(表参照)。

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事