高校チアの部活中に事故で下半身不随 元部員と学校が和解、1億2800万支払い

高校チアの部活中に事故で下半身不随 元部員と学校が和解、1億2800万支払い

高校チアの部活中に事故で下半身不随 元部員と学校が和解、1億2800万支払い

マットに首や肩甲骨付近から落下。
事故時、顧問教諭やコーチはおらず、元生徒は入部4カ月で技の習得が不十分な中、補助者を付けずに練習していた。
元生徒と両親は当時、現場に顧問やコーチがおらず学校側の安全への配慮が十分ではなかったとして、訴えを起こしていた。

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/09/14(水) 06:45:39.840

岡崎城西高校(愛知県岡崎市)で2018年、チアリーディング部の練習中の事故で下半身不随となったのは学校側の安全対策が不十分だったためとして、元女子部員が同校の運営法人に約1億8290万円の損害賠償を求めた訴訟は、13日までに名古屋地裁(佐野信裁判長)で和解した。12日付。和解条項によると、法人側が和解金約1億2800万円を支払う。

続きを読む

続きを見る

知りタイムズカテゴリの最新記事