大谷翔平、奪三振165で3位浮上!ホームラン5位!ジャッジとのMVP争い激化❓❗

大谷翔平、奪三振165で3位浮上!ホームラン5位!ジャッジとのMVP争い激化❓❗

大谷翔平、奪三振165で3位浮上!ホームラン5位!ジャッジとのMVP争い激化❓❗

の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め
221キロバイト (29,498 語) – 2022年8月14日 (日) 08:35

(出典 static.chunichi.co.jp)

1 ひかり ★ :2022/08/16(火) 14:24:24.61ID:CAP_USER9

■マリナーズ 6ー2 エンゼルス(日本時間16日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場した。6回7安打2失点と好投したものの、今季11勝目はならなかった。打っては4打数1安打で打率.254。チームは9回に守備が乱れ、2-6で敗れた。

 粘りの投球となった。初回2死からウィンカーに右中間ソロを被弾。先制点を許した。1-1で迎えた3回2死一、二塁のピンチではクロフォードの中前適時打で勝ち越しされた。なかなかリズムに乗れなかったが、再び同点に追いついた5回は上位打線を3者凡退に。6回は2死二塁のピンチを招いたものの、無失点に封じた。6回97球(ストライク67球)を投げ、8奪三振1四球、7安打2失点。防御率2.69、最速99.8マイル(約160.6キロ)だった。

 投球回数は117回。メジャー初のシーズン規定投球回(162)到達へ45回とした。また、今季165奪三振とし、レイズのマクラナハンに並んでリーグ3位タイ(メジャー5位タイ)とした。また、26本塁打はリーグ5位タイ(メジャー10位タイ)だ。

 バットではレッズからトレード加入した右腕・カスティーヨと初めて対戦した。初回1死は二ゴロ、3回無死一塁は見逃し三振に倒れ、5回1死一塁は左飛だった。8回先頭では救援・ムニョスから捕手前へボテボテの当たり。これを足で内野安打とした。同2死一、三塁までチャンスを広げたが、勝ち越しはならなかった。

 チームは同点の9回に守備が続出した。捕手・スタッシーの2失策、挟殺プレーのミスで勝ち越しを許すなど一挙4失点。連勝は2でストップした。
Full-Count編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/78ba929ce17942a35f3d0ac3995b486176773de5

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事