【新型コロナ】「軽症なら受診控えて」 「第7波」で緊急声明 感染症学会など

【新型コロナ】「軽症なら受診控えて」 「第7波」で緊急声明 感染症学会など

【新型コロナ】「軽症なら受診控えて」 「第7波」で緊急声明 感染症学会など

【新型コロナ】「軽症なら受診控えて」 「第7波」で緊急声明 感染症学会など

「軽症なら受診控えて」 「第7波」で緊急声明 感染症学会など
 日本感染症学会など4学会は2日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染「第7波」が続く中、「症状が軽い場合は、検査や薬のため医療機関を受診することは避けてほしい」とする緊急声明を発表した。

 オミクロン株は「順調に経過すれば風邪と大きな違いはない」とした上で、自宅で抗原検査キットを活用したり、市販薬を購入したりするよう求めている。

 声明では、「オミクロン株は平均3日で急性期症状が出現するが、ほとんどが2~4日で軽くなる」と指摘。発熱や喉の痛みなどの症状が出た際は「まずは仕事や学校を休んで外出を避け、自宅療養を始めてほしい」とした。

 呼吸困難や37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合などは重症化する可能性があるとし、「かかりつけ医や近隣の医療機関に必ず相談してほしい」と要請した。緊急性を要する際の救急車の利用も呼び掛けた。

 会見に出席した学会関係者によると、100人以上の外来診療を断る医療機関があるほか、基礎疾患のある患者や高齢者の診察ができないケースが発生。救急患者の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」や医療従事者の就業制限も相次いでいるという。

 日本プライマリ・ケア連合学会の大橋博樹副理事長は「地域の開業医だけでは太刀打ちできないレベルになっている。市民一人一人が医療の逼迫(ひっぱく)に協力いただけるような風潮が広まってほしい」と訴えた。

【日時】2022年08月02日 18:54
【ソース】時事通信

続きを読む

続きを見る

今日のニューストピックスカテゴリの最新記事