【海外報道】自民党と旧統一教会の癒着を海外でも報道 “カルトとズブズブ”イメージで国家利益の重大損失❓❗

【海外報道】自民党と旧統一教会の癒着を海外でも報道 “カルトとズブズブ”イメージで国家利益の重大損失❓❗

【海外報道】自民党と旧統一教会の癒着を海外でも報道 “カルトとズブズブ”イメージで国家利益の重大損失❓❗

統一教会は、社会における家族の重要性を強調しており、それを反映して1994年5月に名称が世界平和統一家庭連合に変更された。日本で、2015年6月2日に所管する文化庁に変更申請書を提出し、同年8月26日付で名称変更が認証された。 韓国では統一教、日本では旧称の略称の統一教会、またキリスト教会
456キロバイト (69,820 語) – 2022年8月2日 (火) 08:03

(出典 i.ytimg.com)

1 BFU ★ :2022/08/02(火) 17:14:38.93ID:hdo9Z0On9

安倍元首相の銃撃死事件を機に、あぶり出された旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)と自民党との癒着関係が、海外でも注目され始めた。海外メディアの見出しをいくつか並べるだけでも、注目度の高さがうかがえる。

【表】旧統一教会と関係ある「安倍派議員35人」のリストがコレだ! 自民党内でも圧倒的な人数

〈安倍晋三の刺客は日本と“カルト”の関係を暴くという歪んだ計画を果たした〉(米デーリー・ビースト=先月29日付)
〈安倍の暗殺によって日本国内で統一教会と政治のつながりが脚光を浴びている〉(米公共ラジオ放送=同28日付)
〈統一教会はいかにして日本政府を乗っ取ったか〉(英オンラインマガジン「アンハード」=同20日付)

■祖父・岸信介元首相にさかのぼって丁寧に解説

 いずれも、安倍元首相の祖父・岸信介元首相が「反共産主義」を旗印に旧統一教会と協力関係を築いた経緯に言及。旧統一教会の霊感商法や献金問題に触れながら、自民党との癒着の歴史を丁寧に解説している。

 岸田首相は旧統一教会と自民党議員の関係について、「政治家の立場からそれぞれ丁寧に説明をしていくことは大事だと思う」などと各議員任せだが、これを機に教団との関係を清算できなければ、それこそ安倍元首相の得意文句だった外交上の日本の「国益」を損ないかねない。

「法律でカルトを規制している国からすれば、日本は『カルトすら取り締まれない国』と見なされています。それどころか、『カルトと蜜月の日本と付き合って大丈夫なのか』とすら思われかねない。カルトグループとのつながりが指摘される教団に、外交機密が漏れる恐れさえあるからです。カルトとズブズブの政権というイメージは、日本の外交上、マイナスでしかありません」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

 世論の8割は旧統一教会との関わりについて、実態解明を求めている。岸田首相は今こそ「聞く力」を発揮して、旧統一教会との決別を宣言すべきだ

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/bd4501bef5259a05b67b4502b1280d89e0145777&preview=auto

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事