【芸能】TKO木本 出資者に優先順位つけ“ごちゃまぜ返金”、投資した1人から既に2億円返るが、出資法違反の疑いも…

【芸能】TKO木本 出資者に優先順位つけ“ごちゃまぜ返金”、投資した1人から既に2億円返るが、出資法違反の疑いも…

【芸能】TKO木本 出資者に優先順位つけ“ごちゃまぜ返金”、投資した1人から既に2億円返るが、出資法違反の疑いも…


(出典 www.lmaga.jp)
完全に終わりですね 

1 フォーエバー ★ :2022/07/30(土) 16:18:41.88ID:CAP_USER9

7/30(土) 4:00配信

スポニチアネックス

 お笑いコンビ「TKO」の木本武宏(51)の巨額投資トラブルで、出資先の投資家2人のうち1人から木本に2億円が返金されていたことが29日、分かった。木本や友人のタレントらはこの投資家Aに総額3億5000万円を出資していた。一方、もう1人の投資家Bには同2億5000万円を出資したが、これまで返金がないという。また、木本がAから返金された2億円を使い、A、Bの両方の出資者に返金していたことが判明。金の流れが複雑化している。

【写真】TKO木本武宏の投資トラブルを巡る金の流れ

 スポニチ本紙の取材では、Aは会社社長。海外の土地や不動産に投資していたとみられる。複数の関係者によると、木本やその知人らから約3億5000万円の出資を受けていたという。事情を知る関係者は「Aが音信不通になったことはない。木本さんともずっと連絡が取れている」と説明。今回のトラブルが発覚した後も「木本さんの求めに応じて、既に2億円を返金したそうです。不動産投資のためすぐに現金化するのが難しく、全額返金とはなっていないが、この先も返金していく予定と聞いている」と明らかにした。

 一方、Bは20代の男性で「デイトレーダーのような若者」(Bを知る関係者)。外国為替証拠金取引(FX)で運用していたとみられ、Bの知人は「数年前にかなりの額のもうけを出したので、仲間内で“天才トレーダー”ともてはやされていた」。木本らから約2億5000万円を預かっていたが、昨年から出資者への配当金が滞り、木本とも連絡が取れなくなっていた。返金についても「現時点でゼロと聞いている」(関係者)という。

https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6434135

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事