【ネズミ捕り長官】英首相官邸の猫、政局の巻き添えに 次は4匹と同居?!

【ネズミ捕り長官】英首相官邸の猫、政局の巻き添えに 次は4匹と同居?!

【ネズミ捕り長官】英首相官邸の猫、政局の巻き添えに 次は4匹と同居?!

バーミーズ (カテゴリ の品種)
アメリカのキャットショーでペルシャ、シャムについで出陣頭数が多く、非常に人気の高い種。1930年にジョゼフ・トンプソンがビルマよりウォン・マウという一匹のメスを持ち帰ったことに端を発する。 共通の特徴は短毛であることと、性格。体を構成する頭部、目、鼻などの各パーツは丸く、
3キロバイト (302 語) – 2022年4月1日 (金) 15:07
仲良く暮らせればいいな…

1 少考さん ★ :2022/07/17(日) 19:46:23.38ID:G183FbPN9

※AFPBB News

英首相官邸の猫、政局の巻き添えに 次は4匹と同居?
https://www.afpbb.com/articles/-/3414909

2022年7月17日 18:06 
発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ]

【7月17日 AFP】英政府の「ネズミ捕り長官(Chief Mouser)」としてロンドン・ダウニング街(Downing Street)10番地の首相官邸に暮らす猫のラリー(Larry)が15日、ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)首相の後任選びをめぐる政局に巻き込まれる事態となった。

 ブックメーカー(賭け屋)の予想で次期保守党党首の有力候補とされるペニー・モーダント(Penny Mordaunt)前国防相が、党首選における自身の「最大の弱点」として、ビルマ猫を4匹飼っていることを公表したのだ。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事