【芸能】K-1武尊、涙ながらに休養を表明

【芸能】K-1武尊、涙ながらに休養を表明

【芸能】K-1武尊、涙ながらに休養を表明

武尊(たける、1991年7月29日 – )は、日本のキックボクサー。鳥取県米子市出身。K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST所属。現K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。元K-1 WORLD GPフェザー級王者。元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者。元Krush -58kg王者。K-1
34キロバイト (3,943 語) – 2022年6月27日 (月) 09:05
鬱っぽいって事も言ってましたね…
お疲れさまでした

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/27(月) 14:22:08.89 ID:CAP_USER9.net

6/27(月) 14:16
デイリースポーツ

武尊が涙ながらに休養を表明「格闘家として一回、歩みをストップ」
 
 K-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊(30)=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST=が27日、都内で会見を開き、格闘家人生を休養することを表明した。

 武尊は会見にベルトを持って姿を見せ、「先日、那須川天心選手と試合をさせてもらい、試合は敗れてしまいましたが、たくさんの人に会場に来てもらい、東京ドームで超満員のなかで最高の相手と最高の試合をさせてもらい、実現させていただき、ああいう舞台で現役の間に最高の試合をさせてもらい、ファンの人、関係者、天心選手、関わってくれた全ての方に感謝したい」とあいさつ。涙で言葉に詰まる場面もありながら、「正直、試合に負けた時は悔しさもあり、これで終わりだなという気持ちもあった。だけど、やっぱり、心のどこかでやり返したいという気持ちもあった。この10数年プロでやってきて、本当にファイトスタイル、酷使するやり方をやってきて、公表してないところもけがに悩まされ、それも含めて今回、格闘家として、一回歩みをストップさせてもらい、休養させてもらおうかなと思います。この後のことは整理できてない」と語った。そして、「心と身体のコンディションを一回正常に戻して、新たなチャレンジができれば。一回、戦いの舞台からは離れようと思います」とした。

 武尊は19日に東京ドームで開催された格闘技イベント「THE MATCH 2022」で、日本格闘技史上最大の一戦と言われたRISE世界フェザー級王者の那須川天心(23)=TARGET/Cygames=との試合で判定負け。「負けたら死と一緒。試合後の予定はなにも決めていなくて、何も考えていない」との思いで臨んだ戦いに敗れて、試合後は号泣した。インタビューでは各方面への感謝と謝罪を口にするのが精いっぱいだった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/af866cc47edbf9085dc2ff540f4dddf34eeb95ac

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事