エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 ❓❗

エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 ❓❗

エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 ❓❗

コンコンセントを抜く(6W。テレビ場合、年間電気料金削減効果は約100円) 室温管理などで節電方法が適切ないことによって生じる熱中症(節電熱中症)が社会問題化している。なお病気塩分や水分を摂取制限されている人や高齢者などは特に注意が必要、室温28℃、湿度70%を超えたらエアコンを使うことが薦められている。
70キロバイト (9,956 語) – 2022年6月10日 (金) 19:36

(出典 geikuchi.com)

1 ぐれ ★ :2022/06/27(月) 07:01:59.73

※2022/6/25 18:21

近年で最も厳しい電力需給の逼迫(ひっぱく)が見込まれ、政府が7年ぶりに全国規模で節電を要請する7月まで1週間を切った。経済産業省は数値目標を設けていないが具体的な方法やおおよその効果を示して、節電への協力を呼び掛ける。電力需給が逼迫し、生活や社会活動に影響を及ぼす大規模停電や計画停電を引き起こさないため、何ができるのか。家庭でもできる節電対策をまとめた。

家庭で最も節電効果が高いのがエアコンだ。経産省によると、夏場の電力需要のピーク時(午後2時ごろ)に家庭で使用される電力に占める割合は43・3%と最大。エアコンの効率的な使い方は家庭の節電を大きく左右する。

ピーク時にエアコンの室内温度を28度に設定すれば、26度の設定と比べ、6%の節電効果が得られるとされる。さらに窓からの日差しをすだれやカーテンで遮光すれば4・3%、エアコンのフィルターを2週間に1回掃除すれば2・1%の節電効果が期待できるという。

次いで節電効果が大きいのが照明だ。不要な照明を全て消せば3・3%の節電につながるという。特に日中は、人がいない部屋の照明はこまめに消すことが大事だ。

冷蔵庫は設定を「強」から「中」に下げ、食品を詰め込みすぎず、扉の開閉時間を短くすれば1・8%節電できる。

続きは↓
産経ニュース: エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策.
https://www.sankei.com/article/20220625-TOZWVMKWJZIS3AAIY4BDHGAL5A/
※前スレ
【猛暑】エアコン「28度」で節電効果6% 電力逼迫の夏対策 ★4 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1656253283/

★1 2022/06/25(土) 21:44:18.00

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事