前代未聞!?「日本唯一」の専門企業が倒産… 決定でも株価上昇

前代未聞!?「日本唯一」の専門企業が倒産… 決定でも株価上昇

前代未聞!?「日本唯一」の専門企業が倒産… 決定でも株価上昇

前代未聞!?「日本唯一」の専門企業が倒産…上場廃止決定でも株価上昇

前代未聞!?「日本唯一」の専門企業が倒産…上場廃止決定でも株価上昇
「メタンハイドレート」という物質を聞いたことがあるでしょうか。「燃える氷」とも呼ばれ、永久凍土や海底〜海底下といった低温・高圧下で氷のように固まったメタンガスのことです。

メタンガスは天然ガスの原料でもあり、メタンハイドレートは次世代のエネルギー資源として研究が進められてきました。日本周辺に多く存在していることが分かっており、もし実用化されれば日本は資源大国になるかもしれません。

メタンハイドレートの開発を手掛けるのが「日本海洋掘削」です。日本唯一の海洋掘削専門企業として知られており、メタンハイドレートにおいては産出技術の開発などを担当してきました。

しかし2018年、日本海洋掘削は一度経営破綻を迎えています。なぜ唯一の専門企業が破綻することになったのか、その理由について触れましょう。

■日本唯一の海洋掘削企業が破綻
日本海洋掘削は日本唯一の石油・天然ガスなどの海洋掘削事業者として1968年に設立されました。国内外の海域で掘削サービスを提供しており、東京商工リサーチによると高い掘削技術を持つ同社は顧客から一定の評価を受けていたようです。

しかし原油価格の下落などにより石油会社の開発意欲が低下し、受注が減少したことなどから2018年3月期まで3期連続の営業赤字に陥ります。見通しの暗さから引当金として損失を計上し、同社は債務超過に転落しました。自力での再建を断念し、2018年6月22日に会社更生法の適用を申請します。負債総額900億円を超える大型倒産となりました。

【日時】2022年06月22日 07:00
【ソース】Finasee
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る

今日のニューストピックスカテゴリの最新記事