【天皇杯 大波乱】川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、浦和レッズなどがJ2勢の“下剋上”で敗退❓❗

【天皇杯 大波乱】川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、浦和レッズなどがJ2勢の“下剋上”で敗退❓❗

【天皇杯 大波乱】川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、浦和レッズなどがJ2勢の“下剋上”で敗退❓❗

天皇杯(てんのうはい)は、日本において様々な競技などで優勝した者に対して授与される賜杯(トロフィー)のこと。また、その賜杯が授与される大会名。 本来は天皇賜杯(天皇から賜った記念杯)という名称が正しいが、大相撲や軟式野球などを除き天皇杯(盃)と呼ぶのが一般的である。菊花紋章が配された銀製のトロフィーである。
13キロバイト (872 語) – 2021年10月11日 (月) 08:31

(出典 img.news.goo.ne.jp)

1 首都圏の虎 ★ :2022/06/22(水) 21:07:02.22

第1段落

 例年であれば多発する“ジャイアントキリング”が全く起こらず、2回戦ではJ1勢・J2勢が全て格下カテゴリーの相手を下して勝ち上がった今季の天皇杯。J1の全18チームとJ2の14チームが、16強進出をかけて3回戦に臨んだ

 だが2回戦とは異なりこのラウンドでは波乱も続出。J1王者の川崎フロンターレは東京ヴェルディに0-1で敗れ去り、現在J1首位の横浜F・マリノスも栃木SCに0-2で敗れて大会を終えることになった。

 浦和レッズもザスパクサツ群馬に0-1で敗戦。北海道コンサドーレ札幌はヴァンフォーレ甲府に1-2で逆転負けを喫した。FC東京はV・ファーレン長崎と2-2で後半を終え、16試合で唯一の延長戦にもつれ込んでいる。

 アビスパ福岡、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、柏レイソル、サンフレッチェ広島はそれぞれJ2チームとの対戦に勝利を収めて16強進出を果たした。

 J1同士の対戦は湘南ベルマーレ対ジュビロ磐田、清水エスパルス対京都サンガF.C.の2カード。それぞれ磐田と京都が1-0の勝利を収めて勝ち進んでいる。

▽天皇杯3回戦
札幌 1-2 甲府
湘南 0-1 磐田
福岡 3-1 岩手
川崎F 0-1 東京V
FC東京 2-2 長崎(延長へ)
鹿島 3-0 大宮
G大阪 3-1 大分
名古屋 1-0 金沢
C大阪 3-2 仙台
横浜FM 0-2 栃木
清水 0-1 京都
鳥栖 3-2 熊本
神戸 2-1 山口
柏 2-1 徳島
浦和 0-1 群馬
広島 5-0 横浜FC

https://news.yahoo.co.jp/articles/eb77ad5fb81e683f4c12a495ef4a1db6411132f4

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事