【芸能】高橋一生主演ドラマ「インビジブル」まさかの真犯人&結末にネット騒然「想像超えてきた」「 サイコパス」「もう趣味が変態」

【芸能】高橋一生主演ドラマ「インビジブル」まさかの真犯人&結末にネット騒然「想像超えてきた」「 サイコパス」「もう趣味が変態」

【芸能】高橋一生主演ドラマ「インビジブル」まさかの真犯人&結末にネット騒然「想像超えてきた」「 サイコパス」「もう趣味が変態」

インヴィジブル (ポール・オースター)(英語版)(原題:Invisible) – ポール・オースターの小説。 インビジブル (坂上泉) – 坂上泉の小説。 インビジブル (テレビドラマ) – 2022年4月TBS系放送の金曜ドラマ 「インビジブル」で始まるページの一覧 タイトルに「インビジブル」を含むページの一覧
2キロバイト (210 語) – 2022年5月29日 (日) 07:59

(出典 realsound.jp)
見てましたが、これは意外でした!!
面白かったです!

1 ひかり ★ :2022/06/17(金) 23:16:10 ID:CAP_USER9.net

 高橋一生主演のTBS系連続ドラマ「インビジブル」(金曜・午後10時)の最終回となる第10話が17日に放送された。すべての真相が明らかになり、ネットでは様々な反応が見受けられた。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

【写真】柴咲コウ、金髪ショートにイメチェン(全3枚)

 最終回では、キリヒト(永山絢斗)は初代インビジブルが残した、あるモノを手に入れるためにキリコ(柴咲コウ)を連れ、2人が昔暮らしていた家で対峙する。そこに刑事・志村(高橋)が駆けつけるが、監察官・猿渡(桐谷健太)が現れ、キリヒトを銃*る。

 史上最悪のクリミナルズ「リーパー」の正体にネットは騒然。「想像を超えてきた」「最後の最後までドキドキ展開だね」「猿渡… 最悪だ… もう趣味が*だ」「もう無茶苦茶ですやん」「真犯人のサイコパスっぷりが最高」「サイコパスな役柄といえば高橋一生の得意分野なのだが、今回は敢えて受け役に徹したな」「サイコ猿渡すげードヤ顔」「#桐谷健太 サンの演技が 静かに怖過ぎて… ゾクッときた」などと目が離せない様子だった。

 一方で「インビジブルの警察無能やな」「捜査一課の後輩のポンコツ具合の凄まじさに言葉が出ない」といった声も寄せられた。

 
報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/c838d71ef0e4f6eb4bf9869148faae300c04ee06

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事