【芸能】アナウンサー馬場典子さん、結婚しなかった「今の心境」を語るwywywywywywywywywywywywyw

【芸能】アナウンサー馬場典子さん、結婚しなかった「今の心境」を語るwywywywywywywywywywywywyw

【芸能】アナウンサー馬場典子さん、結婚しなかった「今の心境」を語るwywywywywywywywywywywywyw

馬場 典子(ばば のりこ、1974年4月27日 – )は、日本のフリーアナウンサー、大阪芸術大学教授。元日本テレビアナウンサー。 東京都豊島区出身。女子学院中学校・高等学校を経て、早稲田大学商学部商学科(マーケティング専攻)卒業。身長160cm。高校時代の同級生にアナウンサーの膳場貴子、漫画家の辛
12キロバイト (1,331 語) – 2022年5月24日 (火) 04:14
独身でもいいじゃないんですか?
その人の人生なので…

1 首都圏の虎 ★ :2022/06/11(土) 16:39:28.96 ID:CAP_USER9.net

今回は、自分らしくあるために、未婚を選択し、今をのびのびと存分に謳歌している方々にお話をお伺いしました。

馬場典子さん(47歳・東京都在住) フリーアナウンサー

“おひとりさま最高!”でしたが
最近は心境も変化してきました。
わがままに生きても相手の役に立てる
――それが理想です

35歳のとき「お嫁さんにしたい女子アナ1位」に輝いた馬場典子さん。「3分クッキングのアシスタントのイメージをみなさんがもたれていたのかも」と。

「20代は、結婚は時期が来れば自然にするものと思っていました。恋は、素敵だなと思うと、片思いも含めてすぐできるんです。でも、人生のパートナーになる人は、親友でもあり、きょうだいでも、親子でもあるような人という理想があって。そういう人なら一生大切にできると思っていたのですが、なかなかいない(笑)。30歳前後に、子どもが欲しいから、今つき合っている人と結婚するという人もいるようですが、私は違った。“いいパパになるだろうな”と思った人でも、その人と子どもの姿は思い浮かんでも、自分が隣にいることをイメージできなかったんです。逃げていただけかもしれないですけど」。

また、不器用で、仕事と恋愛を同時進行できないタイプだと言います。「周囲から『最近きれいになったね、いいことあったんでしょう?』と言われるときは、決まって、彼と別れた直後で仕事に没頭しているとき。『私は、仕事だけしているときが一番キラキラして見えるのかも?』と気づきました」。40歳で日テレを退社したのは、「会社が大好きで、何よりも仕事を優先してきたけれど、組織は人生の伴侶ではないと気づいた」からだそう。それからは、更年期の不調もありながらも、ワークライフバランスを保てるようになりました。

「辛いとき、誰にも気兼ねをせず、ゴロゴロしていられるのはありがたいです。寂しいときもあるけれど、誰かがいると、つい甘えてあてにしたり、勝手に期待したりしてしまって、それを裏切られたときのほうが私は悲しくて。“孤独”ってひとりのときより、誰かといるときの方が感じるものなんですよね。一人焼き肉も鍋も行けちゃいますし、ゴロゴロしても誰にも迷惑かけないし、寂しくても孤独じゃない。40代前半は、“おひとりさま最高!”でした(笑)」。

ところが、40代後半に入り心境の変化も。「結婚という形には縛られなくていいけれど、自分と異なることを感じるパートナーがいれば世界が広がるだろうな、と思うようになりました。仕事柄、相手に合わせたり、気配りするのは苦じゃないのですが、プライベートで同じように気を使い続けるのは疲れちゃう。素の自分を出せるよき理解者に巡り合えたら。いつも人より成長が遅いので、今ようやく精神的に少しは自立できてきた気がします。甘えや期待もカジュアルに伝えられるようになってきました。“我がまま”に生きても、誰かの役に立てるというのが、今後の理想形ですね」。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/f282d119a295de701a0b3a2eb73914f5a6ac7dc2

★1 2022/06/09(木) 11:30:33.81
前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654741833/

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事