がんステージIVの坂本龍一、パートナー女性との“覚悟の入籍”を決断か

がんステージIVの坂本龍一、パートナー女性との“覚悟の入籍”を決断か

がんステージIVの坂本龍一、パートナー女性との“覚悟の入籍”を決断か

がんステージIVの坂本龍一、パートナー女性との“覚悟の入籍”を決断か

がんステージIVの坂本龍一、パートナー女性との“覚悟の入籍”を決断か
 白髪の男性がピアノの鍵盤にゆっくりと両手を乗せる。頬は心なしかこけ、鍵盤をたたく指にはしわが増えた。演奏は体力を使う。短時間しか弾けない日もあるが、何かに導かれるように連日ピアノに向き合うという。

 男性は坂本龍一(70才)。6月7日に発売された月刊文芸誌『新潮』(7月号)で始めた連載で、自身のがんがステージIVであることを明かし、包み隠さず病状を綴ったことで、日本中に衝撃を与えた。同誌は発売直後から売り切れの書店が続出しているという。

 連載のタイトルは、『ぼくはあと何回、満月を見るだろう』。一見、悲観的に読める言葉だが、坂本は別の思いをこのタイトルに込めているのかもしれない。現在の坂本は音楽漬けの日々を送っている。それはいままでにないほどに──。

 坂本を病魔が襲ったのは2014年のことだった。病名は中咽頭がん。坂本は予定していたコンサートやアルバム制作などを中止して治療に専念し、放射線治療によってがんは寛解した。

 だが復帰から5年後の2020年6月、再びがんが見つかる。病院での検査を受け、直腸がんと診断された。帰国後に診てもらった病院で、坂本は衝撃的な事実を告げられた。

「何も治療をしなければ余命半年」「強い抗がん剤を用いても、5年生存率は50%」

 セカンドオピニオンでは、がんが最も進行した段階を示す「ステージIV」であり、両肺にも転移していることが判明。坂本は昨年1月に手術を受けた。

 手術は無事に終わったものの、両腕には点滴、腹には5本の管を入れた闘病生活が始まった。さらに、傷口が回復するにつれて別の問題に悩まされた。1週間..

【日時】2022年06月17日 16:15
【ソース】NEWSポストセブン

続きを読む

続きを見る

今日のニューストピックスカテゴリの最新記事