【テレビ】NHK党・立花孝志氏「報ステ」党首討論で“強制終了”…

【テレビ】NHK党・立花孝志氏「報ステ」党首討論で“強制終了”…

【テレビ】NHK党・立花孝志氏「報ステ」党首討論で“強制終了”…

報ステ』(ほうステ)。2021年10月4日からの番組のキャッチフレーズは『深く、力強く、きょう色々。』。 以下、古舘時代を第1期、富川時代(第1シリーズ)→小木・富川時代(第2シリーズ)を第2期、大越時代を第3期とする。 『ニュースステーション』(以下、Nステ)の後番組として、2004年4月5日より放送開始。
126キロバイト (17,689 語) – 2022年6月15日 (水) 08:36
テーマに沿った、まともな事が喋れないのか…

1 首都圏の虎 ★ :2022/06/16(木) 23:12:12.26

 16日に放送されたテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜午後9・54)で、参院選(22日公示、7月10日投開票)に向けた党首討論が行われたが、NHK党の立花孝志党首が不規則発言で“途中退席”となるハプニングがあった。

 9党首が出席しての討論。ロシアのウクライナ侵攻を受けて「国民の安全をどう守る?」というテーマが提示され、自民党の岸田文雄首相から順に見解を述べた。大越健介キャスターからNHK党が指名されると、テロップには「NHKをぶっ壊す」の文字が。立花氏は「テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です」などと持論を展開。立花氏が続けて、番組担当者から「テーマを逸脱する発言があった場合はしかるべく対応を取る場合もある」という手紙を受け取ったことを明かすと、大越キャスターは「立花さん、今の発言は討論のテーマに沿ったものとは認められません」と注意。なおも発言を続ける立花氏に、大越キャスターは「発言を止めていただきましょう。申し訳ありませんがその発言は認められませんので、打ち切らせていただきます」と通告。その後、立花氏は画面から消え、9党首のワイプ画面でも無人の椅子が映し出された。

 その後、立花氏は自身のYouTubeチャンネルで「テレビ朝日からの圧力」と題して生配信を行い、テレビ朝日から帰る車内で持論を語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/03983983663d6e5e33219571324a4a01518e0e06

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事