【てまえどり】奥から取ろうとしてない?食品ロス削減へ。セブンイレブン「意識すれば世界は変わる」

【てまえどり】奥から取ろうとしてない?食品ロス削減へ。セブンイレブン「意識すれば世界は変わる」

【てまえどり】奥から取ろうとしてない?食品ロス削減へ。セブンイレブン「意識すれば世界は変わる」


(出典 コンビニが実施する面倒な陳列「先入れ先出し」はバカバカしい …)
同じ値段なら新しいものを買う!
廃棄しないで済む方法を考えない店側の怠慢!?

1 NAMAPO ★ :2022/06/15(水) 00:15:43.78

★奥から取ろうとしてない? 食品ロス削減へ 佐世保南高生がPOPデザイン

長崎県立佐世保南高(古賀巖校長、668人)3年の4人グループが、授業の一環で
食品ロス削減のため、手前の商品から手に取ることを促すPOPをデザインした。
佐世保市干尽町のセブン-イレブン佐世保干尽町店に8日、贈呈した。

生徒たちは1年時に国連の持続可能な開発目標(SDGs)について学習し、2年時
には六つのグループに分かれて自分たちができることを考え活動した。

4人は食品ロス削減をテーマに活動。同校近くにセブン-イレブンがあることから
食品ロス削減につながる身近な取り組みとして、消費期限が近い商品から手にしてもらう
「てまえどり」のPOPをデザインすることに。市やセブン-イレブン・ジャパンの
協力を得て、昨年10月から始め、今年2月に完成した。同POPの作成、設置の
取り組みは、2020年から全国のセブン-イレブンで行われている。

生徒たちがデザインしたPOPは、「奥から取ろうとしてない?」との言葉や、市の
食品ロス問題を周知するオリジナルキャラクター「食品ロス戦隊もったいないンジャー
」も入れて、若々しい感性が光る仕上がりになっている。

この日、3年の永田心香さん(18)含む3人の生徒が訪れ、同店オーナー、森田萬美
さん(49)に18枚を手渡した。永田さんは「一人一人が少しずつ意識をすれば世界
は変わる。POPを見た人の、食品ロス削減への意識が高まれば、うれしい」と話した。

POPは市内全45店の同コンビニに配布されており、3カ月程度設置される予定。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

続きを読む

続きを見る

爆速ニュースちゃんねるカテゴリの最新記事