山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で

山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で

山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で

山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で

山梨・道志村で発見の骨、不明女児と断定 DNA型鑑定で
 で見つかった人骨について、山梨県警は14日、DNA型鑑定の結果、2019年9月に同村のキャンプ場から行方が分からなくなっている小学1年だった小倉美咲さん(行方不明時7歳)=千葉県成田市=のものと断定したことが捜査関係者への取材で判明した。山梨県警捜査1課は事件と事故の両面で捜査している。

 県警などによると、骨は5月4日に道志村のキャンプ場近くを捜索していた捜査員らが見つけ、DNA型鑑定を進めていた。

 4月23日にも骨の一部が発見されたが、個人を特定するだけのDNA型が検出されず身元は分からないままだった。

 美咲さんは19年9月21日正午過ぎ、母と姉の3人でキャンプ場に到着。午後3時40分ごろ、近くの沢に遊びに行った友人らを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなっていた。家族は午後5時ごろ、県警大月署に通報した。その後、県警や消防、自衛隊などが周辺の捜索を続けたが、手掛かりは見つからなかった。

【日時】2022年05月14日 18:43
【ソース】毎日新聞

続きを読む

続きを見る

今日のニューストピックスカテゴリの最新記事