Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220512-00057419-president-000-3-view.jpg?pri=l&w=192&h=192&order=c2r&cx=247&cy=0&cw=847&ch=847&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/xs674676/maruhayaantena.net/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220512-00057419-president-000-3-view.jpg?pri=l&w=192&h=192&order=c2r&cx=247&cy=0&cw=847&ch=847&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/xs674676/maruhayaantena.net/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

【社会】 棺の中からノック音やうめき声が…日本でコロナ死者をすぐ火葬しても大丈夫か…

NO IMAGE

【社会】 棺の中からノック音やうめき声が…日本でコロナ死者をすぐ火葬しても大丈夫か…

火葬(かそう)とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀のことも指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。 火葬は、日本では一般的な葬法である。 縄文時代の遺跡からも、火葬骨が出土する。 弥生時代以降の古墳の様式の一つに「かまど塚」「横穴式木芯粘土室」などと呼
42キロバイト (6,588 語) – 2022年5月5日 (木) 01:57
レア中のレアの話だよね…

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/13(金) 16:33:55.55

2022/05/12 11:00

感染蔓延防止の観点で厚労省は「24時間以内に火葬してもいい」
PRESIDENT Online
鵜飼 秀徳
浄土宗僧侶/ジャーナリスト

日本では死後24時間以内の埋葬・火葬は法律で禁じられているが、コロナ禍で厚労省は死者からの感染防止の観点から「24時間以内の火葬も可」とした。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳さんは
「この4月、ペルーで死亡診断された36歳女性が葬儀の際、息を吹き返したことがニュースになりました。日本で死後の葬送の前倒し化や簡素化が増え、万が一の事態を見逃してしまうおそれもあるのではないか」という――。
https://president.jp/articles/-/57419?page=1

交通事故死した36歳女性が眠る棺からノック音が……

葬儀中に“死者”が生き返った――。

ホラー映画さながらのニュースが南米ペルーで報じられ、現地では大きな騒ぎになっている。過去には死亡診断後、息を吹き返す事例はしばしば起きていた。そのため、日本では死亡診断後24時間以内での火葬を法律で禁止している。

近年でも死亡診断後の蘇生例がある。コロナ感染症における死の局面では「火葬の24時間規定」が特例的に外されたが、ごくわずかに残る蘇生の可能性を排除できないのが現実である。

南米におけるこの信じがたいニュースは4月25日、ペルー北部の都市ランバイエケで起きた。36歳の女性が重大な交通事故に巻き込まれ、死亡診断と検死がなされた。完全に死亡したものとして扱われた彼女は、およそ丸1日、遺体安置所に置かれ、そして26日に親類縁者を集めた葬儀が営まれた。

儀式が終わって埋葬地に向かう出棺の際のこと。親族が棺を持ち上げたその時、中から棺をノックする音が聞こえた。驚いた親族が棺を開けてみると、女性は弱々しい状態であったが目を動かし、棺を取り囲んでいる人々を見回したという。汗もかいていた。とたんに葬儀会場は大騒ぎになった。

女性は棺に入ったまま、トラックで病院に運ばれ、生命維持装置に繋がれた。医師が「呼吸」「体温」「血圧」「脈拍」のバイタルサイン(生命の兆候を示す指標)を測定すると、低いレベルではあるものの、彼女が生きていることが確認された。だが、容体は改善することなく、数時間後「正式に」死亡した。

この葬儀の様子はスマホで撮影されており、ニュースで報じられた。本当は昏睡こんすい状態だったのに見落とし、安易に死亡宣告がなされたとして、遺族は病院などに対して原因究明を求めている。

次ページ
https://president.jp/articles/-/57419?page=2

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事