【山梨女児失踪事件 真相考察】地元民も知らない「人骨発見者X」の素性❓❗

【山梨女児失踪事件 真相考察】地元民も知らない「人骨発見者X」の素性❓❗

【山梨女児失踪事件 真相考察】地元民も知らない「人骨発見者X」の素性❓❗

山梨キャンプ場女児失踪事件(やまなしキャンプじょうじょじしっそうじけん)は、2019年(令和元年)9月21日に山梨県南都留郡道志村のキャンプ場で当時小学1年生の女児が行方不明になった事件。女児が千葉県成田市在住であることから「成田女児不明事件」などとも呼ばれる。
17キロバイト (2,268 語) – 2022年5月9日 (月) 11:19

(出典 i.ytimg.com)

1 バックドロップホールド(日本のどこかに) [US] :2022/05/10(火) 07:13:08.20

小倉美咲ちゃん事件 地元民も知らない「人骨発見者X」の素性… 警察犬が止まる「匂いの消えた橋」の新証言も

https://smart-flash.jp/sociopolitics/181020

4月23日、美咲ちゃん捜索のボランティアにやってきた40代男性X氏が、キャンプ場から600m離れた山中で骨のようなものを発見し、撮影。25日に警察に通報し、人骨と判明したのだ。

「子供の頭蓋骨の一部とみられ、現在警察が鑑定を進めています。さらに骨の発見場所付近を捜索したところ、新たに肩甲骨と思しき人骨や、当時美咲ちゃんが着用していたのと同じ種類の運動靴や衣類が発見されました。人為的に埋められた形跡はありません」(警察担当記者)

 人骨の発見には、メディアに一切登場しない父・雅さんも衝撃を受けている。事件現場の近隣住民が語る。

 人骨の発見に別の意味で衝撃を受けているのは、地元住民や長年美咲ちゃん捜索に携わってきたボランティアたちだ。事件直後から捜索を手伝ってきた70代の地元住民が語る。

「骨が見つかった場所は、事件直後に駆けつけた陸上自衛官たちとともに、2メートル間隔で列を作り、何度も往復して探した場所です。当時、私たちが見逃していたとは思えませんよ。なぜ今ごろになって突然見つかったのか」

 別のボランティア男性も、しきりに不思議がる。

「事件直後は数百人のボランティアがいましたが、近ごろ定期的にここに来ていたのは数人だけ。当然顔見知りになるし、横の繋がりも生まれます。でも、骨を発見したという男性は仲間内で誰も知らないんです。私たちも発見した状況を知りたいと思ってXさんを探しているんですよ」

 キャンプ場のオーナーも、X氏を見たことがないという。

「うちは捜索のボランティアに来た方には、受付を通さずに駐車場を自由に貸しているんです。なので、私もX氏を直接見ていません。GWにはキャンプのお客さんを含め、たくさんの方が来場しましたが、23日となるとその前ですからね。たまたま発見したとしたらすごいですよ」
謎は深まるばかりーー。だが、失踪直後の美咲ちゃん捜索に関する新証言を入手した。当時、捜索に参加していたという60代男性が語る。

「警察犬も捜査に投入されて、美咲ちゃんの匂いを追っていたんだ。キャンプ場内では美咲ちゃんの足取りを迷わず追えるのに、付近にある橋の手前で、立ち止まってしまったんだ。何度追わせても、同じ場所で止まってしまう。匂いが消えているということは、そこで何かあったのか……」

 人骨は誰のもので、なぜ今発見されたのかーー。真相究明が待たれる。


(出典 i.imgur.com)

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事