【探偵】 喫茶店が入る建物 外観に「本当にあるのか…」「夢みたいで憧れる」

【探偵】 喫茶店が入る建物 外観に「本当にあるのか…」「夢みたいで憧れる」

【探偵】 喫茶店が入る建物 外観に「本当にあるのか…」「夢みたいで憧れる」

探偵方」とも呼ばれており、明治になってからも巡査や刑事が「探偵」と呼ばれていた。明治20年代(1887年 – 1896年)に私立探偵が登場して以後、次第に警察官は「探偵」と呼ばれなくなったが、軍のスパイは「軍事探偵」や「国際探偵」と呼ばれていた。第二次世界大戦後には「探偵」はもっぱら私立探偵を指して用いられる語となった。
26キロバイト (3,852 語) – 2022年3月27日 (日) 20:27
憧れの職業… 松田優作とかよかったよね… 🚬

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/08(日) 21:27:31.95

By – grape編集部  公開:2022-05-08  更新:2022-05-08

夢のような建物に、探偵の僕でも憧れる。

探偵として働いている小沢(@tanteiozawa)さんは、茨城県古河市にある喫茶店の建物を目にし、そのように思いました。

喫茶店の名前は、『コーヒー舎ブラジル』。

同店は建物の1階に入っています。2階にあったのが…。


(出典 grapee.jp)

同店の上にあったのは、探偵事務所!

2階の探偵事務所を訪れた依頼人が1階に降り、同店で探偵と話し合う…といった場面が思い浮かびますね。

まるで探偵が登場するドラマや映画に出てきそうな世界観ともいえます。

小沢さんが、同店が入っている建物をTwitterに投稿したところ、12万件以上の『いいね』が付くなど、大きな反響が上がりました。

・『名探偵コナン』に出てきそう。行ってみたくなった!

・喫茶店の名前もいい…。ドラマのセットのような世界観だ!

・こういう構造の建物が本当にあるなんて…。

喫茶店が好きな人は、店内の雰囲気を気に入って、訪れることが多いでしょう。

中には、こうして喫茶店が入る建物の外観そのものに魅力を感じる人もいるようです!

[文・構成/grape編集部]

https://grapee.jp/1116245

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事