【火災】京都・中京区の中華料理店で火事 「天ぷら油から火が出てとっさに水をかけてしまい…燃え広がった」

【火災】京都・中京区の中華料理店で火事 「天ぷら油から火が出てとっさに水をかけてしまい…燃え広がった」

【火災】京都・中京区の中華料理店で火事 「天ぷら油から火が出てとっさに水をかけてしまい…燃え広がった」

消火剤は液体、または粉体で、容器内に充塡した窒素ガス等の圧力により、直線状または放射状に消火剤を噴出して消火するものであり、家庭内の天ぷら油火災、石油ストーブの火災など、比較的小規模な火災に有効とされる。一方で、消火器の代わりになるものではなく、あくまでも補助的な役割を果たすものという認識が必要である。
9キロバイト (1,327 語) – 2021年7月31日 (土) 00:30
絶対にやってはいけない事例だな…

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/07(土) 22:59:25.04

5/7(土) 17:54
配信
読売テレビ

 7日午前10時半ごろ、京都市中京区鯉山町の中華料理店で火事がありました。

 約1時間後にほぼ消し止められましたが、厨房にいた店主の男性が、顔や腕などにやけどを負いました。

 警察によりますと、店主は「天ぷら油から火が出て、とっさに水をかけてしまい、燃え広がった」と話しているといいます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26f3ba40a0f73b4c343405bf688069638cea7306

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事