【MLB】エンゼルス・大谷翔平選手がスゴすぎ━━━www11奪三振で無失点!!今季3勝目!!!!!

【MLB】エンゼルス・大谷翔平選手がスゴすぎ━━━www11奪三振で無失点!!今季3勝目!!!!!

【MLB】エンゼルス・大谷翔平選手がスゴすぎ━━━www11奪三振で無失点!!今季3勝目!!!!!

の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め
214キロバイト (28,270 語) – 2022年5月1日 (日) 08:44

(出典 www.news-postseven.com)

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/06(金) 06:25:50.26

2022年05月06日 05:31 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/06/kiji/20220506s00001007109000c.html

(出典 www.sponichi.co.jp)

 【ア・リーグ エンゼルス8―0レッドソックス ( 2022年5月5日 ボストン )】 エンゼルスの大谷翔平投手(27)は5日(日本時間6日)、ボストンでのレッドソックス戦で「3番・投手」で先発出場。今季最長の7回、最多の99球を投げ、6安打無失点11奪三振、無四球で3勝目を挙げた。打っては4打数2安打1打点で、6試合ぶりのマルチ安打を記録した。

 試合は7回にエンゼルスがウォルシュの右越え2点本塁打で先制すると、8回にも大谷の適時打などで一挙5点を加えるなど、8―0で快勝。レッドソックスに連勝し、貯金7とした。

 大谷は初回、いきなり3者連続三振(2番打者は振り逃げで出塁)と上々の立ち上がり。3回は2死から連打を浴びたが、4番・マルティネスを三振に仕留めた。

 5回、先頭打者に二塁打を許したが、2死までこぎつけると、2番ディバースへの初球は100・3マイル(約161・3キロ)と、今季最速をマーク。さらに160キロ台の速球を声を出しながら連投し、見逃しの三振でピンチを脱すると、小さくガッツポーズをみせた。

 6回に10個目の三振を奪い、今季2度目の2桁奪三振を記録。マルティネスに左翼へ二塁打を打たれ、再度得点圏に走者を背負ったが、後続を断ち切った。7回も安打を許したが、最後は11個目の三振で切り抜けると雄叫びをあげた。

 99球のうち、ストライクは81球で、ストライク率は自己最高の81・8%。3ボールになったのは7回2死のストーリーに対しての1度だけだった。1試合で奪った空振り29は、昨年9月のアスレチック戦の26を上回り最多となった。

 打者では初回の1打席目は一ゴロだったが、4回の2打席目はあと少しで本塁打という大飛球を中堅に打ち上げ、中堅手が太陽光で打球の行方を見失ったことで、中越えのシングル安打という“珍事”に。7回の3打席目は中飛。8回の4打席目は左翼フェンス直撃の適時打で、チームに4点目をもたらした。

 レッドソックスの本拠地・フェンウェイパークで投手が1番から4番の打順で出場したのは、1919年のベーブ・ルース以来103年ぶり。大谷は1日のホワイトソックス戦で右股関節の張りを訴え、加えて前日4日のレッドソックス戦は延長戦となり、5日のデーゲームは試合開始まで14時間ほどしかない中での先発登板だった。

続きを読む

続きを見る

時事ネタニュース速報カテゴリの最新記事