【猫ばんばん】 エンジンルームから子猫救出 生後間もない120グラム

【猫ばんばん】 エンジンルームから子猫救出 生後間もない120グラム

【猫ばんばん】 エンジンルームから子猫救出 生後間もない120グラム

猫バンバン(ねこバンバン、英: Knock Knock Cats)とは、自動車のエンジンルームやタイヤの間に入り込んだを逃がすためにボンネットをバンバンと叩く行為、およびそれによっての安全や生命を守る取り組みである。 日産自動車により提唱され、同社にて商標登録されている(第5901408号)が
8キロバイト (1,041 語) – 2021年2月10日 (水) 22:57
助かってよかったぁ~ (^v^)

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/05(木) 05:49:17.19

毎日新聞 2022/5/4 22:28(最終更新 5/4 22:28)

Play Video
車のエンジンルームから助け出された子猫=千葉県成田市で2022年5月3日午後5時24分、中村宰和撮影

(出典 cdn.mainichi.jp)

 千葉県成田市中台で1日、駐車中の乗用車のエンジンルームに入り込んだ子猫の救出劇があった。ジャッキで車を持ち上げて助け出された猫は衰弱していたが、少しずつ回復しているという。

 救出作業に関わった星野慎太郎市議(54)によると、1日朝、近所の住民が駐車場に止められた車のボンネットから猫の鳴き声がすることに気づいた。車の持ち主と星野市議らがボンネットを開けるなどして捜したものの、
見つけることができず、日本自動車連盟(JAF)に連絡。駆け付けたJAFのスタッフがジャッキで車を持ち上げ、下部のパネルを外すと、中から子猫が出てきた。

https://mainichi.jp/articles/20220504/k00/00m/040/229000c

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事