中国、台湾 日本を牽制「強い人に喧嘩を売るな、仮に強い人が後ろで応援約束してくれても」❓❗💦

中国、台湾 日本を牽制「強い人に喧嘩を売るな、仮に強い人が後ろで応援約束してくれても」❓❗💦

中国、台湾 日本を牽制「強い人に喧嘩を売るな、仮に強い人が後ろで応援約束してくれても」❓❗💦

廣田内閣 (カテゴリ 出典を必要とする記述ある記事/2018年6月)
11月7日に「帝国議会議事堂」として竣工した。 二・二六事件後、「軍部に逆らうと殺される」という風潮が政界で高まっていたため、総理大臣になりたがる者は皆無であった。そのような風潮で廣田が総理大臣を引き受けたため、廣田内閣は「火中の栗を拾った」と「廣田」をかけて「ヒロッタ内閣」と呼ばれた。 ^
15キロバイト (865 語) – 2022年2月25日 (金) 00:02

(出典 jiia.or.jp)
【火中の栗】中国総領事がツイート「強い人に喧嘩を売るな、仮に強い人が後ろで応援約束してくれても」日台牽制か❓❗

1 BFU ★ :2022/02/25(金) 15:59:21.26

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000245946.html

 ロシア軍のウクライナ侵攻を巡り、中国の総領事が「弱い人は強い人に喧嘩を売るな」などとSNSに投稿しました。台湾や日本を牽制(けんせい)する狙いがありそうです。

 在大阪中国総領事館の薛剣総領事は24日、自身のツイッターに日本語で「ウクライナ問題から学ぶべき教訓」と題した投稿を行いました。

 投稿で薛総領事は「弱い人は絶対に強い人にけんかを売るような愚かな行いをしてはいけない。仮に強い人が後ろに立って応援すると約束してくれてもだ」と主張しました。

 アメリカに接近し、中国との緊張が強まる台湾の蔡英文政権を牽制したものとみられます。

 一連の投稿では「人に唆されて火中の栗を拾ってはいけない」とも述べていて、アメリカと歩調を合わせる日本を念頭に置いた可能性もあります。

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事