【猫の里親になる条件】独身男性は、里親になるのが難しい理由は?

【猫の里親になる条件】独身男性は、里親になるのが難しい理由は?

【猫の里親になる条件】独身男性は、里親になるのが難しい理由は?

1 ボラえもん ★ :2021/12/08(水) 21:36:17.47

今、ペットとして日本でもっともポピュラーな動物は犬ではなく猫である。ペットとして幸せに暮らす猫がいる一方で、野良猫も多い。
その野良猫たちを保護してお世話し、人馴れさせてから譲渡会に出すボランティアの保護団体が日本中に多数存在している。

大体どこの地域でも、毎週1回とか、月に数回のペースで複数の団体が協力して譲渡会を実施している。
そういったところに出向けば、運命の出会いが待っているなんてこともある。

ただ、この譲渡には色々と条件があり、特に独身男性には厳しい、ということは昔から言われてきた。
果たして本当なのか。今回はこの話をしていきたい。(文:松本ミゾレ)

■保護猫の里親になるということの責任はたしかに重い
先日、2ちゃんねるに「独身男性が猫の譲渡受けるの不可能じゃん」というスレッドが立っていた。スレ主は本文で「ペットショップいこ」と書き込んでいる。
以降、特に本人から、どのような苦労をしたという話とか、具体的にどのぐらい猫と暮らしたいかという熱意のある書き込みなどは見られない。
冷やかし感覚のスレ立てなのかもしれないけど、ちょっとせっかくのスレッドなので活用させていただこう。

僕はペット系のメディアでも寄稿をしていて、その関係で猫の譲渡会にこれまで何度も足を運んだことがある。
その都度、猫を譲渡するレギュレーションみたいなものにも目を通している。

簡単に言えば、まず大前提ペット可物件に住んでいること。
次に家族の誰かしらが常に家にいることが好まれ、ペットを残しての旅行もできれば控えてほしいという団体も多い(絶対ではないけどね)。

さらに安定した収入があることも大事。猫はお金がかかる動物なので、フリーターとなるとなかなか譲渡対象者にはなれない。
そして完全室内飼育に賛同する世帯であるかどうかも大事となる。

猫を安易に外に出すと、近隣に*尿トラブルを招くし、猫自身も交通事故に遭う危険性がある。
年間数十万頭の猫が交通事故死しているというデータもあるので、それを防ぐ意味でも室内で飼育することが必須となる。

あとは、スレッドのタイトルにあるように、独身男性というだけでNGを出しちゃう団体も確かに存在する。これはもうしょうがない。

その理由を詳しく聞いてみると「以前独身男性に譲渡したら、その猫が行方不明になった」とか「虐待された」とか、NGを出すに足るだけの理由というのがあるケースも。
それで独身男性への譲渡の条件を厳しくしたり、不可にしているというのも理屈としてはわかる。何より命を預かるわけなので、ある程度審査が厳しいのは当然だ。

(全文はソースにて)
https://news.careerconnection.jp/news/social/127846/

続きを読む

続きを見る

今日のニューストピックスカテゴリの最新記事