【Netflix】実写版『ONE PIECE』に絶賛の嵐!!

【Netflix】実写版『ONE PIECE』に絶賛の嵐!!

【Netflix】実写版『ONE PIECE』に絶賛の嵐!!

2017年8月28日閲覧。 ^ a b c “Netflix、日本の漫画「ONE PIECE」原作の実写版を大海原へ”. Netflix Media Center. 2020年1月29日. 2020年1月30日閲覧。 ^ “「ONE PIECE実写ドラマはNetflixにて全10話で放送、尾田栄一郎も参加”.…
319キロバイト (40,037 語) – 2023年8月28日 (月) 10:42

(出典 virtualgorillaplus.com)

1 muffin ★ :2023/09/02(土) 15:03:22.63 ID:SSyQrtRk9

https://forbesjapan.com/articles/detail/65687
9/1(金) 9:30配信

ネットフリックスが、今回こそは成功したかもしれない。名作漫画・アニメ『ONE PIECE』の実写版ドラマの配信が始まり、レビューが届き始めた。その評価は、過去のアニメ実写化作品とは違い、かなり良い。

批評サイト「ロッテン・トマト」では、本稿執筆時点で批評家によるレビューが18件掲載されており、平均スコアは78%と上々だ。だが、もっとすごいのは一般視聴者による評価で、すでに1000件以上あるレビューの平均スコアはなんと95%となっている。

「観る人は原作のファンなのだから、高評価するのは当たり前だ」と思う人もいるかもしれないが、現実はむしろ逆だ。実写版のクオリティが期待する水準に達していなかったら、原作ファンの評価は非常に厳しくなり、スコアはむしろどん底に落ちていたことだろう。このスコアは、今回の実写化が成功したことを示している。

ネットフリックスによる過去の実写化作品と比較してみよう。アニメ『カウボーイビバップ』の実写ドラマ版は、批評家スコアが46%、視聴者スコアが60%。酷評された『デスノート』の実写映画は、批評家が36%、視聴者が23%だった。特に、不朽の名作とされる作品が原作の場合、実写版がそれに及ばないとファンは猛反発する。

実写版『ONE PIECE』は、時間の尺からみても、予算からみても大作だ。シーズン1は全8話で、その大半が1時間近くある。他のネットフリックスオリジナル作品より少し長いが、原作アニメが1000話以上続いていることを考えれば、計8時間は手はじめとしては順当なところだろう。

予算を考えると、第2シーズン以降が製作されるためには極めて良い業績を残す必要があるが、長期シリーズ化したとしても、原作のストーリーが足りなくなることはない。

ここまでの高評価を得ているのだから、滑り出しが順調なのは間違いない。また、原作は世界的な人気作であるため、今後も期待できるだろう。ネットフリックスの人気コンテンツランキングが更新された際には、1位でデビューを果たすのではないだろうか。

続きはソースをご覧ください

『ONE PIECE』最終予告編 – Netflix

(出典 Youtube)


(出典 i.imgur.com)

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事