【朝鮮日報】韓国5大病院がピンチ、残る重症者用病床は8床のみ

【朝鮮日報】韓国5大病院がピンチ、残る重症者用病床は8床のみ

【朝鮮日報】韓国5大病院がピンチ、残る重症者用病床は8床のみ

引用元:https://ift.tt/3o98bwb

1 昆虫図鑑 ★ 2021/12/01(水) 08:17:02.41 ID:CAP_USER
韓国国内の新型コロナ重症者が二日ぶりにまた最多を更新した。しかも、ソウルでは重症者用病床使用率が90%を超えた。韓国で「ビッグ5」と呼ばれている病院に設けられた重症者用病床も8床しか残っていない。
防疫当局が30日に明らかにしたところによると、同日午前0時時点の韓国における新型コロナ重症者は661人で、一日で32人増えたとのことだ。これは過去最多だ。29日午後5時時点の全国新型コロナ重症者用病床1154床のうち906床が使用中(使用率78.5%)だ。このうち首都圏は重症者用病床714床のうち632床が使用中で使用率が88.5%、ソウル市は使用率が91%(345床中314床)となった。
 24日にソウル「ビッグ5」病院に設けられた新型コロナ重症者用病床は20床残っていたが、29日には14床に減り、30日は8床だけとなった。ソウル大学病院は38床中36床が使用中で、ソウル峨山病院は41床が満床となった。ソウル聖母病院は20床中19床が使用中で、残る1床も30日午後のうちに新規の重症者が入院する予定だ。サムスンソウル病院は31床中3床、新村セブランス病院は37床中3床が残っている。ある大病院の関係者は「政府の行政命令により12月4日までに新型コロナ感染者用病床をさらに増やさなければならないが、今のように新型コロナ感染者の病床を増やし続ければ、コロナ感染者ではない重症者たちの入院・手術にもさらに大きな支障が出ることになる」と語った。
患者は急増しているが、病床確保のスピードが追いつかず、病床が空くのを待っている新型コロナ感染者は800人を超える。首都圏で病床が空くのを待っている患者は同日午前0時時点で877人だが、このうちハイリスク群である70歳以上が376人、高血圧・糖尿病などがある患者も501人に達する。
 専門家らは「今は防疫措置を一時的に強化して発生患者数を減らし、医療体制にかかる負担を軽くするしかない」と指摘する。高麗大学予防医学科のチェ・ジェウク教授は「医療体制に負担がかかりすぎて、新型コロナではない重症者などにも既に被害が出ている」「(飲食店などの)営業時間制限はしないとしても、私的な集まりの制限など移動量を減らす措置により患者の発生を抑えなければならない」と語った。
ペ・ジュンヨン記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/12/01/2021120180002.html

続きを読む

続きを見る

あぜみちニュースカテゴリの最新記事