暴力団の宴席に参加報道 巨人のオコエ瑠偉「処分なし」に、他球団から「理解に苦しむ」の声❓❗

暴力団の宴席に参加報道 巨人のオコエ瑠偉「処分なし」に、他球団から「理解に苦しむ」の声❓❗

暴力団の宴席に参加報道 巨人のオコエ瑠偉「処分なし」に、他球団から「理解に苦しむ」の声❓❗

オコエ 瑠偉(オコエ るい、1997年7月21日 – )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 実妹はプロバスケットボール選手のオコエ桃仁花。 ナイジェリア人の父と、日本人の母との間に出生。生後7か月で歩けるようになり、6歳の時に近所の住人に誘われ野球を始め…
51キロバイト (6,726 語) – 2023年1月19日 (木) 02:02
【野球】暴力団の宴席に参加報道 巨人のオコエ瑠偉「処分なし」に、他球団から「理解に苦しむ」の声 [ネギうどん★]

1 ネギうどん ★ :2023/01/24(火) 10:44:34.31ID:Qz16czVO9

 巨人のオコエ瑠偉が昨年12月17日、指定暴力団・住吉会系の下部組織に籍を置く人物が主催する宴会に出席していたことが週刊新潮で報じられ、大きな波紋を呼んでいる。

 同誌によると、宴会は都内で行なわれ、オコエは主催者の暴力団員と面識があったという。参加者からの写真撮影やサインに応じ、上機嫌でバッティングフォームを披露。また、タニマチにタワマンに住ませてもらっていること、古巣・楽天に移籍の交渉をしていたことなども報じていた。週刊新潮の取材に対して巨人の広報部は、オコエが主催者の暴力団員と面識があったこと、宴会に参加したことを認めたが、「本人が暴力団など反社会的勢力と交際していた事実もありませんし、本人もそのような認識は一切ありませんでした」と回答している。

 SNSでは「球団は早いところ何かしらのペナルティーを課して、それでも改善される様子が見られなかったら契約解除、くらいの最後通牒を突きつけないといずれまた問題起こすぞ」「自分に甘すぎることが一番の原因なのだろうが、高卒ルーキーを預かる球団はもっと厳しく育ててほしい」と、オコエへの失望のコメントだけでなく、巨人に対応を求める声が目立つ。しかし、報道から約1週間が経っても巨人はコメントなど発表していない。2月からのキャンプで一軍スタートも決まったが、他球団の球団フロントは巨人の対応に首をかしげる。

「今月に行なわれたNPB新人研修会で、『暴力団の実態と手口』というテーマで講義が行なわれています。反社の人間は身元を隠して選手に接触するケースが多いので、球団内の新人研修でも『相手が反社であることを知らなかったでは済まされない。反社の人間と交流があることが判明したら解雇処分もあり得るので、細心の注意を払うように』と毎年伝えている。オコエがウチに所属する選手なら事情聴取した上で、最低でも公式戦出場停止、練習参加禁止の謹慎処分を下します。巨人が今回の一件を不問に付すなら理解に苦しむし、悪しき前例を作ることになる。巨人だけの問題ではないと思います。NPB全体でもっと深刻に受け止めないと」

 オコエは2015年ドラフト1位で楽天に入団。身体能力の高さに定評があり、将来の中心選手として期待されたが、1軍定着できずに昨季はプロ最少の6試合出場のみに終わった。2022年オフに今年から導入された現役ドラフトで巨人に移籍。他球団の編成担当は、こう振り返る。

「オコエはケガが多くなり、スケールが小さくなっている。太った身体やグラウンド外の報道を見ると野球への意識が本気なのかも気になります。ファームの試合を見ても集中力を欠いたプレーが度々見られた。環境を変えて覚醒する可能性があるのかもしれませんが、獲得のリストから外しました」

 故郷の東京に戻り、再出発に向けて並々ならぬ決意で今年に臨んでいるかもしれないが、行動が伴っていない。知人の暴力団員が主催する宴席に参加し、面識のない参加者たちもいる中で球界の内部事情を話したのであれば脇が甘いとの批判は免れないだろう。知人の男性主催者が「暴力団員であることを知らなかった」で済まされてよいのだろうか。

 巨人は「暴力団等排除宣言」を掲げ、球団公式ホームページで以下の誓いを掲載している。

〈だれもが安心して観戦でき、選手がフェアプレーに専念できる球場を守るために、私たちは力を合わせて暴力団および悪質な応援団等の排除に取り組むことを宣言します。

1、暴力団および悪質な応援団等を球場に入れません。
2、暴力団および悪質な応援団等を、選手、監督、コーチらに接触させません。
3、暴力団および悪質な応援団等の不当な要求に屈しません。
4、暴力、威迫など粗暴行為、ダフ屋行為、物品の無許可販売など、不正行為に対して厳正に対処し、断固たる措置をとります。
5、「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」「暴力団を利用しない」の暴力団追放三ない運動を実践します。〉

 この宣言が看板倒れになっていると感じる野球ファンは多いだろう。今回の「オコエが暴力団との宴席に参加報道」に限らず、近年の巨人はグラウンド外のトラブルが目立つ。球団創設者の正力松太郎氏の遺訓「巨人軍は常に紳士たれ」を実践していると、胸を張って言えるのだろうか。

https://www.news-postseven.com/archives/20230124_1834630.html?DETAIL

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事