【教育】体育座り廃止検討する学校多数「場合によっては子どもの内臓などに負担かかる」

【教育】体育座り廃止検討する学校多数「場合によっては子どもの内臓などに負担かかる」

【教育】体育座り廃止検討する学校多数「場合によっては子どもの内臓などに負担かかる」

体育座り(たいいくずわり)は、尻を地や床などに着けて膝を立てて揃え両脚を両腕で抱える姿勢の坐法。日本の就学前教育や義務教育における体育の授業で実施される。 地域によって体操座り(たいそうすわり、たいそうずわり、おやますわり)や三角座り(さんかくすわり、さんかくずわり)などの呼称もある。体育
10キロバイト (1,357 語) – 2022年12月30日 (金) 01:06
じゃあ、どう座れと (。´・ω・)?

1 おっさん友の会 ★ :2023/01/23(月) 09:35:30.25ID:bWwxL4g39

関西ラジオ 2023/01/23
https://jocr.jp/raditopi/2023/01/23/479144/

組体操や座高測定、 アルコール ランプなど、 平成から令和にかけ 学校から消えたものたち。 必要性 や安全性など、 廃止の理由にはさ まざまな経緯や背景があるといい ます。 そして現在、 見直す学校が 増えているのが 「体育座り」 で
す。
「三角座り」 や 「体操座り」 な ど、地域によって呼び方に差はあるものの、膝を立てて揃えた両脚 を腕で抱えるあの座り方がなぜ学 校現場において見直されているの でしょうか? 日本の身体技法を 研究する『日本身体文化研究所』 矢田部英正さんに話を聞きました

続きはソースで

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事