西岡良仁、キャリア初の四大大会ベスト16進出を果たす❓❗

西岡良仁、キャリア初の四大大会ベスト16進出を果たす❓❗

西岡良仁、キャリア初の四大大会ベスト16進出を果たす❓❗

西岡 良仁(にしおか よしひと、1995年9月27日 – )は、三重県津市出身の男子プロテニス選手、YouTuber。ミキハウス所属。津市立養正小学校、津市立橋北中学校、青森山田高等学校卒業。これまでにATPツアーでシングルス2勝を挙げている。ATPランキング自己最高位はシングルス33位、ダブルス…
60キロバイト (5,358 語) – 2023年1月20日 (金) 07:56

1 豆次郎 ★ :2023/01/20(金) 15:32:09.15ID:+ohA7DfJ9

西岡良仁、四大大会初16強

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス3回戦が行われ、第31シードの西岡良仁が世界ランク65位のM・マクドナルド(アメリカ)を7-6 (8-6), 6-3, 6-2のストレートで破り、マッチ100勝を飾るとともにキャリア初の四大大会ベスト16進出を果たした。

全豪オープンに9年連続9度目の出場となる西岡。錦織圭に続く日本人男子2人目となる四大大会の男子シングルスでシード入りを果たした今大会、1回戦では世界ランク69位のM・イメル(スウェーデン)を6-4, 6-2, 7-5で、2回戦で216位のD・スヴルシナ(チェコ)を6-3, 6-4, 6-2で、いずれもストレートで下して2020年以来3年ぶり2度目の3回戦進出を決めた。

一方のマクドナルドは1回戦で世界ランク49位のB・ナカシマ(アメリカ)を7-6 (7-5), 7-6 (7-1), 1-6, 6-7 (10-12), 6-4のフルセットで、2回戦で昨年覇者で第1シードのR・ナダル(スペイン)を6-4, 6-4, 7-5のストレートで破っての勝ち上がり。

西岡とマクドナルドは5度目の対戦で、西岡が3勝1敗とリード。直近では前々週に行われた前哨戦のアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)2回戦で対戦し、西岡が6-4, 6-3のストレート勝ちをおさめている。

この日の第1セット、互いにブレークチャンスを活かせず、サービスキープが続きタイブレークに突入。ミニブレークを奪い合うも西岡が4度目のセットポイントをものにし、1時間で先行する。

続く第2セット、第1ゲームで0-40から40-40とした西岡。しかし、4度目のデュースとなったタイミングでマクドナルドが腹部を痛めメディカルタイムアウトを取る。再開後、西岡が2度目のブレークチャンスをものにし、いきなりブレークに成功。第1ゲームから4ゲームを連取し、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。

第3セット、負傷もあり通常通りのプレーができないマクドナルドに対し、西岡が第4ゲームでブレークに成功。第3ゲームから4ゲームを連取して2時間25分で勝利した。

日本男子選手が全豪オープンでベスト16に進出するのは2019年の錦織以来4年ぶり。グランドスラムでは2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)での錦織以来となった。

また1968年のオープン化以降、グランドスラムでベスト16に進出するのは松岡修造、錦織に次いで日本男子3人目の快挙となった。

勝利した西岡は4回戦で第16シードのF・ティアフォー(アメリカ)と第18シードのK・ハチャノフの勝者と対戦する。

同日には第3シードのS・チチパス(ギリシャ)と第15シードのJ・シナー(イタリア)が16強に駒を進めている。

https://news.tennis365.net/news/smartphone/today/202301/140352.html

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事