PSGがネイマールを放出へ 「メッシとエムバパを維持するための犠牲」移籍金140億円❓❗

PSGがネイマールを放出へ 「メッシとエムバパを維持するための犠牲」移籍金140億円❓❗

PSGがネイマールを放出へ 「メッシとエムバパを維持するための犠牲」移籍金140億円❓❗

を創設者兼初代会長としてパリサンジェルマンFCが設立された。設立時にはジャン=ポール・ベルモンドなどパリ出身の著名人も出資している。しかし、サンジェルマン=アン=レーを本拠地としたパリサンジェルマンFCに対してパリ市が資金援助を渋ったため、パリサンジェルマンFCはアマチュアクラブとして、パリ
103キロバイト (9,009 語) – 2023年1月16日 (月) 19:28

1 征夷大将軍 ★ :2023/01/06(金) 15:54:23.73ID:oTm0iZeg9

東スポ2023年1月6日 13:56
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/250231

フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が今季限りでブラジル代表FWネイマール(30)を退団させる意向と、スペイン「BESOCCER」や「FICHAJES・NET」など各メディアが報じている。

ネイマールはPSGと2025年6月末まで契約を結んでいる中、同メディアは「(FWリオネル)メッシと(FWキリアン)エムバペを維持するためにネイマールが犠牲になる」とし「PSGは23年6月にネイマールを退団させ、節約した資金を使ってメッシとエムバペに多額のサラリーを支払うことを望んでいる。クラブは移籍金1億ユーロ(140億円)を受け入れる」と伝えた。

PSGがスペイン1部バルセロナからネイマールを獲得した際の移籍金は2億2200万ユーロ(約310億8000万円)。大損覚悟の大幅値引きとなるが、それでも来季もメッシとエムバペを抱えるためには欠かせないという。同メディアは「ネイマールが売りに出されるのは初めてではない」と指摘する。

過去にも獲得オファーを受けたイングランド・プレミアリーグのニューカッスルが最有力候補とみられており、他にも同リーグのチェルシーやマンチェスター・シティーが参戦する見込みだ。同メディアは「最終的には本人の判断になる」としているが、今後の動向が気になるところだ。

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事