【懸念】「親ガチャ」 「片親パン」・・・若者の間で格差示すネットスラングが先鋭化…

【懸念】「親ガチャ」 「片親パン」・・・若者の間で格差示すネットスラングが先鋭化…

【懸念】「親ガチャ」 「片親パン」・・・若者の間で格差示すネットスラングが先鋭化…

インターネットスラング(英: Internet slang)とは、もっぱらインターネット上で使用されている俗語の総称である。ネットスラングネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネット
14キロバイト (1,939 語) – 2022年12月21日 (水) 00:31

1 クロケット ★ :2023/01/19(木) 13:04:47.90ID:891h+md29

今年の大学入学共通テストで「親ガチャ」を想起される問題が出され、注目を集めた。「親ガチャ」は、子供は親を選べず、
家庭環境によって人生を左右されることを、カプセルトイのガチャ(くじ引き)に例えた造語で、令和3年の「新語・流行語大賞」トップ10にも選ばれた。

最近では、ひとり親の食事環境を示す「片親パン」など、家庭の格差を示すネットスラングの先鋭化が進み、
差別の助長につながるとの懸念が広がっている。

筑波大の土井隆義教授(社会学)は、先鋭化の根底には不安があるとし、法に触れるものはしっかり取り締まるべきだと話す。

家庭の格差を示すネットスラングは後を絶たない。今年1月、ツイッターでトレンド入りした「片親パン」は、量が多くて安価な菓子パンを指す。

令和4年に動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」で、ひとり親家庭を自称する投稿者が、
ひとり親家庭の子供は「5個入りのクリームパン」を食べて育っているという説を紹介した動画が反響を呼んだ。

さらに今年1月、ツイッターで同様のパンを示す造語「片親パン」が拡散。この造語も、過去に当事者が発信したものだったが、
不特定多数によって拡散して使用され、差別につながるとして懸念の声が広がっている。

このほか、質素な畳の部屋で配信を行う配信者を示す「和室界隈」など、経済格差を示すネットスラングが次々に登場し、先鋭化している。

土井教授は、その背景について、「ネットでは、自分の書き込みがどれだけ注目を集めるかということを重視し、過激化していく傾向がある」とした上で、
根底には不安があると語る。

そのうえで、インターネットでは他者の生活が可視化されやすいことに加え、ネット社会の平等性がかえって小さな違いを際立たせ、
格差感覚が研ぎ澄まされていきやすい面もあると指摘し、「いつ自分が否定される側に転ぶかわからないという不安感からあえて境界線を引き、
自分は違うんだと安心するために過激化する場合もある」という。

https://www.sankei.com/article/20230119-5JV2VF5SARBE7IASQCQDWTDJE4/

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事