【20代女性 つえなしで歩けず】1年続くコロナ感染後遺症の恐ろしさ・・・後遺症の症状が出たのは、ホテル療養が明け自宅に戻った翌日❓❗

【20代女性 つえなしで歩けず】1年続くコロナ感染後遺症の恐ろしさ・・・後遺症の症状が出たのは、ホテル療養が明け自宅に戻った翌日❓❗

【20代女性 つえなしで歩けず】1年続くコロナ感染後遺症の恐ろしさ・・・後遺症の症状が出たのは、ホテル療養が明け自宅に戻った翌日❓❗

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) > Long COVID 英: Long COVID(日: コロナ後遺症)とは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の回復期以降に現れる典型的な疾患、あるいは持続する長期的な後遺症を特徴とする疾患である。…
93キロバイト (11,562 語) – 2022年12月31日 (土) 13:57

1 クロケット ★ :2023/01/16(月) 08:20:23.78ID:/EAGGSLO9

国内で初めて新型コロナの患者が確認されてから15日で3年が経過した。
パンデミック(世界的大流行)を経て、社会はどう正常化していくのか。

各分野の現状を連載しながら、ウィズコロナ時代を展望する。

1年近く前に新型コロナウイルスに感染して以来、外出する時につえが手放せなくなった。
手足の震えがあり、支えがないと歩けないからだ。

25歳と仕事に慣れてきた時期なのに、こんなことになるとは思わなかった。

滋賀県で暮らすこの女性は、念願かなって保育士として充実した日々を送っていた。
しかし、昨年2月中旬に新型コロナにかかった後、休職したままだ。

後遺症の症状が出たのは、10日間のホテル療養が明け、自宅に戻った翌日のことだった。

朝、目が覚めると、これまでに経験したことのないような倦怠(けんたい)感と脱力感、手足の震えに襲われた。

女性はかかりつけの医師の元へ駆け込んだものの、「しばらく症状が残ることがあるので、様子を見ましょう」と告げられた。
だが、症状は改善するどころか、息苦しさが加わり、悪化の一途をたどった。専門的な相談をできる医師もおらず不安が募った。

しばらくすると歩くことも困難になり、外出時に車椅子を使わざるを得なくなった。
生理不順もみられ、結婚したばかりなのに思い描いた新婚生活とはほど遠い。

「料理や掃除など家のこともできず、今までできていたことができなくなり、とてもつらかった」と心が押しつぶされた。

https://mainichi.jp/articles/20230115/k00/00m/040/073000c

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事