藤浪晋太郎、4億円超でアスレチックスと破格の契約!エンゼルス大谷翔平と同地区対決実現か❓❗

藤浪晋太郎、4億円超でアスレチックスと破格の契約!エンゼルス大谷翔平と同地区対決実現か❓❗

藤浪晋太郎、4億円超でアスレチックスと破格の契約!エンゼルス大谷翔平と同地区対決実現か❓❗

藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 – )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。オークランド・アスレチックス所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/h…
117キロバイト (16,736 語) – 2023年1月12日 (木) 05:55

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/13(金) 02:20:46.91ID:FsIr7XAz9

1/13(金) 1:44配信 日刊スポーツ

 阪神からポスティング制度を利用してメジャー挑戦を目指していた藤浪晋太郎投手(28)が、年俸4億円超の1年契約でアスレチックスと合意したことが米国時間11日(日本時間12日)、分かった。先発4、5番手争いを期待され、昨季の推定年俸4900万円から大幅増を勝ち取った。同じア・リーグ西地区には同学年大谷を擁するエンゼルスも所属。今季は米国時間3月30日(日本時間31日)からの開幕3連戦でもぶつかる相手だけに、早々の対決にも注目が集まる。

    ◇   ◇   ◇

 米国到着直後の藤浪が、破格の好条件を勝ち取った。交渉期限の日本時間15日午前7時を待たず、移籍先に急浮上していたアスレチックスとの契約で基本合意。正式契約は日本時間の13日に受けるメディカルチェックの結果後となるが、現状、4億円を大きく上回る年俸を手にする。昨季は阪神で3勝どまり。それでもア軍から潜在能力を高く評価されており、昨季の推定年俸4900万円から大幅昇給する。

 大阪桐蔭時代から熱心にマークを続けたダイヤモンドバックスでも、準備した年俸は3億円超。ア軍の期待値の高さが金額から見て取れる。しかも争奪戦に加わっていたジャイアンツなど他球団がリリーバーとして評価する中、ア軍は先発4、5番手争いへの参戦をイメージ。「いろいろ言える立場ではない」と先発へのこだわりを封印する覚悟さえ決めていた藤浪が、この条件でさらに気合をみなぎらせるのは必然の流れだ。

 ア軍は現在「再建モード」に突入しており、先発ローテがまだ固まっていない。当確組は昨季9勝の左腕アービンと右腕*バーン、カプリーリアンぐらい。藤浪は同じくオフに加入した韓国リーグ53勝右腕ルチンスキーらとの4、5番手争いを勝ち抜けば、一気に道が開ける。複数年契約の選択肢もある中で、あえてリスクの高い単年契約をチョイス。確かな自信を結果につなげ、チームに恩返ししたいところだ。

 同じア・リーグ西地区には、同学年の大谷が投打で主軸を張るエンゼルスも所属する。今季は開幕3連戦でいきなりぶつかる相手でもあり、メジャー1年目早々からの対決実現にも注目が集まる。高校時代の好敵手に「ちょっと異次元。ライバルと言うにはあまりにすごすぎる」と苦笑いしつつ「対戦できたらうれしい」と本音も吐露していた大器。いよいよ夢の扉が開かれる。【佐井陽介】

 ◆アスレチックス投手事情 昨季は60勝102敗でア・リーグ西地区最下位。メジャー24位の防御率4.53に終わった投手陣の再建は急務とされる。先発は昨季チーム最多の9勝(13敗)をあげた28歳左腕アービンが唯一、規定投球回数に到達しただけ。現時点で今季先発ローテは28歳カプリーリアン、29歳*バーンまでの3人が当確で、藤浪は同じくオフに加入した韓国リーグ53勝の34歳右腕ルチンスキーらと残り2、3枠を争う。救援陣は昨季11セーブを記録したクローザーのヒメネスら粒ぞろいながらも実績、層の厚さとも駒不足となっている。

 ◆オークランド・アスレチックス 1901年にフィラデルフィア・アスレチックスとして創設。カンザスシティーを経て68年からオークランドに本拠地移転。72年からの3連覇をはじめ、ワールドシリーズを通算9回制覇した。コロナ禍で短縮された20年に地区優勝を果たしたものの、財政難もあり、その後は主力を次々に放出。過去には、藪恵壹、岩村明憲、松井秀喜、岡島秀樹ら日本人選手が所属した。大谷翔平が所属するエンゼルスも同地区。

https://news.yahoo.co.jp/articles/176726fe6792b60f67c6d5abf09de83544f5c644

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事