【著書】ヘンリー王子、違法薬物使用告白で米国ビザが取り消されるかも…

【著書】ヘンリー王子、違法薬物使用告白で米国ビザが取り消されるかも…

【著書】ヘンリー王子、違法薬物使用告白で米国ビザが取り消されるかも…

サセックス公爵ヘンリー王子(英語: Prince Henry, Duke of Sussex、1984年9月15日 – )は、イギリスの王族、軍人。爵位はサセックス公爵。全名は、ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイヴィッド (Henry Charles Albert David)。英語圏では通常ハリー王子 (Prince…
91キロバイト (12,350 語) – 2023年1月10日 (火) 04:30

1 ラ・パーマ(東京都) [CN] :2023/01/10(火) 08:34:43.21ID:LwZkJuZ/0●

英国のヘンリー王子(38)が、10日に発売される回顧録「スペア」の中で過去にコカインなど違法薬物を使用したと告白したことで、
米国滞在が危機にさらされるかもしれないと英ミラー紙などが報じた。

 王子は妻のメーガン妃と共に2020年に王室を離脱し、「自由」を求めて米カリフォルニア州に移住。しかし、17歳の時に
コカインを吸引したことやマジックマッシュルームや大麻を試したことなどをスペアで明かしていると報じられたことで、
ビザの発給に支障が出る可能性が浮上している。

 王子は著書の中で、16年に英ロンドンでメーガン妃と初めてデートをした後、友人宅で大麻を使用して幻覚を見たことさえ
赤裸々に綴っていることが明らかになり、世界に大きな衝撃を与えていた。

 英国人の王子は、米国に滞在するため「配偶者ビザ」か卓越した能力を持つ者に与えられる「O-1ビザ」を取得していると
見られているが、サンデー・タイムズ紙によると米入管当局は「ケースバイケース」で入国を許可しているが、
「規則では現在並びに過去の麻薬使用や犯罪行為により、ビザ発給が対象外となる可能性がある」と伝えている。
仮にヘンリー王子が、ビザを申請する際に過去の薬物使用歴を申告していなかった場合、ビザが取り消される可能性も
あると指摘する専門家もいる。

 O-1ビザの場合、3年ごとに更新する必要があり、次の更新が不利になる可能性も取り沙汰されており、自らの発言によって
米国で結婚生活を継続することが困難になる可能性が出ている。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0be7a0ac05e4f1cf9729fcf6d054fb8f6f0881e4

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事