薬剤師が語る“睡眠改善薬”のリスク “私なら絶対にのまない”と思いながら販売している。

薬剤師が語る“睡眠改善薬”のリスク “私なら絶対にのまない”と思いながら販売している。

薬剤師が語る“睡眠改善薬”のリスク “私なら絶対にのまない”と思いながら販売している。

危険性のある薬物に該当する。ハーバード大学医学部によると、睡眠薬や市販の睡眠改善食品を使用する前に、医師に相談する必要がある。 これらのによる「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせていることであり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではない。患者はまれにしか、麻酔か…
65キロバイト (8,736 語) – 2022年7月30日 (土) 12:11

1 リビアヤマネコ(埼玉県) [CO] :2023/01/07(土) 10:13:40.11ID:NJV8pO5K0●

■【薬剤師本音座談会】睡眠改善薬のリスク「私ならのまないと思いながら販売している」

現役で薬の調剤や販売を行う薬剤師3人が、多くの人がお世話になっている薬について本音を明かす。

【座談会に参加した現役薬剤師3人】
A子さん:大手薬局チェーンに勤める30代の薬剤師。
B夫さん:調剤薬局に勤める40代の薬剤師。
C美さん:個人薬局を経営する50代の薬剤師。

A子:最近、新型コロナの影響なのかやたらと睡眠改善薬が売れているけれど、正直これも“私なら絶対にのまない”と思いながら販売している。

B夫:ぼくの周囲でも「あれを買うくらいなら、病院に行って睡眠薬を処方してもらった方がいい」という薬剤師がほとんどですね。

A子:市販の睡眠改善薬と病院で処方される睡眠薬は別物ですからね。睡眠改善薬に含まれているのは、
鼻炎薬と同じ成分の抗ヒスタミン薬。認知機能が下がる副作用もあるし、眠れないからといって長くのみ続けるのは本当にやめた方がいい。

C美:だけど、処方薬なら安全というわけでもない。私は不眠症になっても、絶対に薬をのまないと決めています。処方される睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」と「非ベンゾジアゼピン系」の2種類に分けられるけれど、どちらもおすすめできない。
ベンゾジアゼピン系は筋弛緩作用によるふらつきやせん妄の副作用がある。転倒リスクが高いから、特に高齢者は危険。親にも絶対にのませたくない。

 非ベンゾジアゼピン系は副作用も少なく依存性も低いから安全だと言う人もいるけれど、「健忘」の副作用が出ることがあります。

A子:私も、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は断固拒否したい。知人で、服用した後、夜中に車を運転してコンビニに行ってお弁当を買って食べたのに、
その記憶がすべて抜け落ちていたという人もいる。

いかそ
https://news.livedoor.com/article/detail/23495200/

(出典 image.news.livedoor.com)

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事