【コロナ後遺症】パートの女性(35)「コロナにかかって世界が変わってしまった」・・・

【コロナ後遺症】パートの女性(35)「コロナにかかって世界が変わってしまった」・・・

【コロナ後遺症】パートの女性(35)「コロナにかかって世界が変わってしまった」・・・

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) > 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) > Long COVID 英: Long COVID(日: コロナ後遺症)とは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の回復期以降に現れる典型的な疾患、あるいは持続する長期的な後遺症を特徴とする疾患である。…
93キロバイト (11,562 語) – 2022年12月31日 (土) 13:57

1 クロケット ★ :2023/01/04(水) 08:32:17.33ID:74qq7syw9

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、4日には多くの企業などで仕事始めを迎える。

職場での感染防止策や、感染者数の推移に関心が集まるが、忘れてならないのは新型コロナの後遺症が長引き、
仕事を続けながら治療に励む人も身近にいることだ。

コロナ患者の8人に1人が出るとの調査もある後遺症。
当事者は職場の理解を求め、医師も「仕事と治療の両立のためには、関係者の連携が必要」と呼びかける。

「コロナにかかって世界が変わってしまった」。岐阜地域に住むパートの女性(35)は声を落とす。
女性はぜんそくなどの基礎疾患があり、新型コロナにかからないよう人一倍、警戒をしていた。

調理や清掃などに当たるサービス業で多数の人との接触があるため、仕事中は常にゴム手袋をするなど予防に余念はなかったが、昨年2月に感染。
職場に復帰した現在も味覚障害や倦怠(けんたい)感、微熱、咳など複数の症状が続く。

吸入器が手放せず、家に帰ると疲れで動けない日もあるという。

元々きちょうめんな性格だが、復帰後は電気の消し忘れやごみを置き忘れるなど、仕事のミスが増えた。
「怠けている」との誤解を与えないよう、同僚には「後遺症の影響で忘れっぽくなっている」と自分から明かしている。

医師からの助言で、重い荷物を運ぶ作業を外してもらうなど、職場は配慮をしてくれた。ただ、冬になり寒くなってからは、息苦しい症状が再発。
「後遺症で日常的に苦しんでいる人がいるという事実がもう少し社会に浸透し、理解者が増えるとうれしい」と願っている。

女性の担当医で、新型コロナ後遺症外来を設ける「はしもと内科」(岐阜市)の川瀬幸典理事長は
「後遺症患者の第一目標は、職場への復帰。治療と仕事を両立するには会社側との連携が重要」と指摘。

企業側には「復帰の可否や望ましい配慮などを助言する上で、診察時に患者から職務内容や勤務形態などを一つずつ聞き取らなければならず、時間がかかる。
人事労務担当者らが事前に仕事に関する情報をまとめた『勤務情報提供書』があると円滑に進む」と求めた。


(出典 www.gif)
u-np.co.jp/articles/-/181209

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事