制服屋さんの休廃業「毎年10件台」… 西日本での休廃業が目立つ

制服屋さんの休廃業「毎年10件台」… 西日本での休廃業が目立つ

制服屋さんの休廃業「毎年10件台」… 西日本での休廃業が目立つ

制服屋さんは「多種類・少ロット」を余儀なくされ、利益を生み出しにくい環境が出来上がってしまった。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/23(水) 17:45:30.33

学生服の販売をめぐり、採寸して学生服を仕立てる 「制服屋さん」の経営環境が厳しさを増している。少子化で制服を必要とする生徒数は年々減少する一方、制服は多様化している。従来の収益モデルが成り立たなくなっている。こうしたことも背景に休廃業は後を絶たず、業界の先行きには暗雲が立ち込めている。

続きを読む

続きを見る

知りタイムズカテゴリの最新記事