【判明!!】ブルー・スリーの死因。あの一酸化二水素だったとの研究結果が発表…

【判明!!】ブルー・スリーの死因。あの一酸化二水素だったとの研究結果が発表…

【判明!!】ブルー・スリーの死因。あの一酸化二水素だったとの研究結果が発表…

DHMO (一酸化二水素からのリダイレクト)
DHMO(ディー・エイチ・エム・オー、英: dihydrogen monoxide)とは、化学式 H2O で表される水素と酸素の化合物であり、日本語で表現すれば一酸化二水素、すなわち水そのものを、IUPAC命名法により言い換えたものである。 これは水であることを敢えて分かりにくくして危険な化学物質で…
10キロバイト (1,374 語) – 2022年8月18日 (木) 07:38
水…

1 リキラリアット(愛知県) [JP] :2022/11/24(木) 20:28:52.34ID:cEWfsNpv0●

「意外な物質の過剰摂取…?」ブルース・リーの死因をめぐる新たな仮説が示された
2022年11月24日(木)17時40分 Newsweek

<ブルース・リーは1973年7月20日、32歳の若さで死去した。公式には、鎮痛剤「エクアジック」への過敏性反応による脳浮腫が死因だとされているが、新説が示された……>

武道家からアクションスターへ転身し、「ドラゴンへの道」や「ドラゴン怒りの鉄拳」などの香港映画で主演を務めたブルース・リーは1973年7月20日、32歳の若さで死去した。
死亡時の脳重量は平均値1400グラムを上回る1575グラムで、剖検では脳浮腫が認められた。公式には、鎮痛剤「エクアジック」への過敏性反応による脳浮腫が死因だとされている。

●「腎臓が過剰な水分を排泄できなくなったことが死を招いた」
スペイン・マドリード自治大学(UAM)ヒメネスディアス財団病院の研究チームはこれまでに公表されている情報を分析し、
「ブルース・リーの死因は低ナトリウム血症による脳浮腫である」との新たな説を示した。
その研究論文は医学雑誌「クリニカル・キドニー・ジャーナル」(2022年12月号)で掲載されている。
研究チームは、ブルース・リーが「エクアジック」を以前にも服用しており、死亡当日、頭痛など、脳浮腫で説明がつく症状が出た後に「エクアジック」を服用していることから、
「『エクアジック』への過敏性反応による脳浮腫」とする公式の死因を否定。「『エクアジック』への過敏性反応が死因だとしたら、剖検で見つかるのは脳浮腫だけではないはずだ」とも主張している。
研究チームの新たな仮説は「腎臓が過剰な水分を排泄できなくなったことが死を招いた」というものだ。

低ナトリウム血症とは血液中のナトリウム濃度が非常に低い状態をさす。研究チームの分析によると、ブルース・リーには、慢性的な水分の過剰摂取、
喉の渇きを高めるマリファナの使用、アルコール摂取、処方薬の服用、急性腎不全(AKI)の既往歴など、低ナトリウム血症の危険因子が複数あったとみられる。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/11/post-100185.php

(出典 img-newsweekjapan.jp)

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事