Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221119-00000014-pseven-000-1-view.jpg?pri=l&w=192&h=192&order=c2r&cx=145&cy=0&cw=500&ch=500&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/xs674676/maruhayaantena.net/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

Warning: file_get_contents(https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20221119-00000014-pseven-000-1-view.jpg?pri=l&w=192&h=192&order=c2r&cx=145&cy=0&cw=500&ch=500&exp=10800): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 400 Bad Request in /home/xs674676/maruhayaantena.net/public_html/wp-includes/class-wp-image-editor-imagick.php on line 154

【走行距離税】新設に地方の反発「田舎では歩くのに税金かけるようなもの」「走れば走るほど税金、もうこの国はおしまいですね」

NO IMAGE

【走行距離税】新設に地方の反発「田舎では歩くのに税金かけるようなもの」「走れば走るほど税金、もうこの国はおしまいですね」

距離となっている。日本で普及している日産リーフ40kwhタイプではWLTCモードで航続距離322kmとなっている。 2022年現在、電機自動車の価格の約40%はバッテリーであるため、航続距離を伸ばすために容量を増やすと価格と重量が増加する。1回当たりの走行距離
111キロバイト (15,213 語) – 2022年11月15日 (火) 06:09
えっEVだけじゃなくガソリン車にも適用… Σ(・ω・ノ)ノ!

1 ぐれ ★ :2022/11/20(日) 09:57:06.44ID:/h1Ke9We9

※11/19(土) 16:15配信
NEWSポストセブン

 自家用自動車の普及台数は1世帯あたり1.032台で、一家に一台以上のクルマがあるのは普通のことだ。都道府県別に世帯あたりの保有台数をみると上位から【1】福井(1.708台)、【2】富山(1.652台)、【3】山形 (1.642台)、【4】群馬(1.593台)、【5】栃木(1.572台)など39県にのぼる。1台に満たないのは東京、大阪、神奈川、京都など8都道府県にとどまった(一般財団法人自動車検査登録情報協会調べ)。クルマは贅沢ではなく生活のためというのが平均的な日本国民の実態だろうが、その自動車に対し、政府の税制調査会で走行距離に応じて自動車に課税する制度の新設が提案された。俳人で著作家の日野百草氏が、世帯当たりの保有台数上位に入る地方都市で、走行距離税に対する本音を聞いた。

 * * *
「ここでは車がないと生活できませんよ」

 北関東のローカル駅、東京から電車であれこれ3時間は掛かるだろうか、大きいばかりで人の少ない駅舎を前に、ひたすらバスを待っているとベンチで隣り合った高齢男性としばし会話。

「私は息子が迎えに来てくれますからいいですけど、あなた、1時間以上も待つつもりですか。乗っけて行ってあげましょうか」

 取材の本旨から外れるため丁重にお断りする。バスはあと1時間半来ない。この地方ではバスの便が減り、主に公営のコミュニティバスが一部を担っているようだが、それでも東京の都心部のように5分、10分で次のバスが来るわけではない。電車すら時間にもよるが日中30分、40分は平気で待たされる状態だ。主な商業施設も駅から離れたロードサイド店舗が大半だ。

「それなのに車の税金はどんどん上がるでしょう、息子夫婦だってそんなに給料がいいわけじゃないし、この辺の若い家族なんてみんな同じようなものです。走れば走るほど税金ですか、もうこの国はおしまいですね」

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/27b7a71b777a1d6055789773a9b228daa250fb51

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事