羽賀研二(61)15年ぶり肉声「塀の中にいたからです」

羽賀研二(61)15年ぶり肉声「塀の中にいたからです」

羽賀研二(61)15年ぶり肉声「塀の中にいたからです」

結局さらし者になって生きるしかないんか!?

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/16(水) 15:56:54.52ID:Xz381y6m9

2022年11月15日 19:18

東スポWEB

 羽賀研二(61)がユーチューブチャンネル「はがけんチャンネル」を開設した。

「15年の眠りから醒める!!」のタイトルで、「まず、ご迷惑をおかけした方々、本当に心配をかけしてしまった方々に対して自らの方々にお詫びをしたかったからです。本当にご心配、ご迷惑をおかけしました。すみませんでした」と謝罪からスタート。
支援者のバックアップで61歳からユーチューブを始めた経緯を語った。「1ちゃいでちゅう(『1歳です』の赤ちゃん言葉)。というような気持ちで改めて新しいことをやりたい」と語った。

「ネバーギブアップ」を合言葉に視聴者の質問に回答するコーナーを開設するなど、前向きだ。ただ、過去の女性関係の暴露に関しては、「自分にはちょっと似合わないのかな。ガーシーさんにお任せして。ガーシーさんすみません」と配慮した。

 芸能活動を休止していた理由について、「塀の中にいたからです。裁判中も芸能活動というのはできませんし、だから豚丼屋でアルバイトしたりとか」と語った。

 刑務所の「臭い飯」については、「いえいえ、飯は臭くありません。おいしいです。栄養バランスとかものすごく考えてくれて」と話している。

 一方、2本目以降の動画では、ジュエリーデザイナーとしても活動。現在は地元沖縄で友人と人材派遣、和菓子卸売販売業を営むかたわら、展示会の接客販売員として活動している様子をクローズアップ。
レアなスーパーカー販売店と高級時計販売店の異色中コラボ展示販売会に潜入し、「うわー似合うじゃん。なんかオレが買ってあげてるみたいな絵じゃん」などとジュエリーのカリスマ販売トークの一部も披露した。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/245081

続きを読む

続きを見る

爆速ニュースちゃんねるカテゴリの最新記事