【芸能】黒島結菜『クロサギ』現場で◯◯がNGワードに…『ちむどんどん』不評にスタッフが配慮wwwww

【芸能】黒島結菜『クロサギ』現場で◯◯がNGワードに…『ちむどんどん』不評にスタッフが配慮wwwww

【芸能】黒島結菜『クロサギ』現場で◯◯がNGワードに…『ちむどんどん』不評にスタッフが配慮wwwww

黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年(平成9年)3月15日 – )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけ…
70キロバイト (9,408 語) – 2022年11月9日 (水) 21:12
クロサギ面白いですけどね 

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/11/11(金) 19:29:59.89 ID:r0S+9Cn/9.net

『女性自身』編集部
投稿日:2022/11/11 15:50
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2149825/

(出典 img.jisin.jp)

11月4日に発表された「『現代用語の基礎知識選』2022ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語の1つに「#ちむどんどん反省会」が選ばれた。

同賞の主催者は、「NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』の視聴者の間で、放送後に内容を話題にするツイートが大流行。『ちむ』は『肝』のことで『わくわくする』を意味するが、毎朝のドラマの展開に『ワクワクよりも、ドキドキして心配になる』という声が多かった」とコメントを発表した。

このノミネートに、Twitterでは“まさかやー”の声が続出。

《ここまで来ると役者さんがさすがにかわいそう》
《本当に悪い意味で評判に》
《受賞したら誰が式典に行く?》

「’13年に『あまちゃん』で話題になったせりふ『じぇじぇじぇ』が年間大賞に選出されましたが、朝ドラとは直接関係のない言葉がノミネートされるのは初めて。『ちむどん』は唐突な展開や粗い脚本に歴代の朝ドラのなかでも異例の批判が目立ちました。そうした感想を『反省会』のハッシュタグを使って呟いていた視聴者が多かったのです」(テレビ誌ライター)

ヒロイン・暢子を演じた黒島結菜(25)は現在、平野紫耀(25)主演の『クロサギ』(TBS系)でヒロイン・吉川氷柱を演じている。しかし、このドラマでも“反省会地獄”になっているというのだ。

「実は、『#クロサギ反省会』という言葉もTwitterに出現しているのです。朝ドラでは暢子の強い物言いやわが道を行く性格は、視聴者からあまり共感を得られませんでした。そのため、氷柱の真っすぐで正義感の強い性格が、暢子を彷彿とさせているようです。決して黒島さんが悪いわけではないのですが、イメージを引きずってしまっているのです」(前出・テレビ誌ライター)

実際にTwitterでは黒島の演技に苦言を呈する声が上がっていた。

《暢子にしか見えない。そういう演出なのか?》
《前作の悪いイメージが強すぎ》
《暢子は暢子のままでした》

ドラマ終了後も注目を集める『ちむどん』だが、暢子以外の“3姉妹”も新たな道を歩んでいる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

続きを読む

続きを見る

にゅ~っす!速報カテゴリの最新記事