旭川いじめ「重大事態の対処体制が整備されていなかった…」 市教委が検証

旭川いじめ「重大事態の対処体制が整備されていなかった…」 市教委が検証

旭川いじめ「重大事態の対処体制が整備されていなかった…」 市教委が検証

広瀬さんは令和元年6月に自殺未遂
重大事態が起きた際に調査を担当する同市の委員会が立ち上がったのは「令和2年2月」

1 香味焙煎 ★ :2022/11/02(水) 19:14:01.77

北海道旭川市で昨年、いじめを受けていた中学2年、広瀬爽彩(さあや)さん=当時(14)=が凍死した問題で、市教育委員会は2日、当時の対応を検証した結果、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態として対処する組織体制が整備されていなかった」などの不備があったと認め、市側に報告した。

続きを読む

続きを見る

知りタイムズカテゴリの最新記事