【🍷】ボージョレ・ヌーボー商戦に異状あり 紛争や円安背景…

【🍷】ボージョレ・ヌーボー商戦に異状あり 紛争や円安背景…

【🍷】ボージョレ・ヌーボー商戦に異状あり 紛争や円安背景…

“(世界経済リポート)ボージョレ・ヌーボー、日本ごくり あす0時解禁“『朝日新聞』2005年11月16日 ^ “お待たせ「ボージョレ」解禁 味は繊細、値段やや高め 【名古屋】“『朝日新聞』2013年11月21日朝刊 ^ 『【ボジョレー】【ボージョレ】【ボージョレー】あなたはどれ?ボジョレーヌーボー「表記」の業界ウラ事情』…
35キロバイト (5,392 語) – 2022å¹´9月19日 (月) 05:34

1 ぐれ ★ :2022/11/06(日) 07:42:00.21ID:yZ/pK/Ha9

※11/5(土) 19:30配信
NIKKEI STYLE

11月の第3木曜日に販売解禁となるフランス産新酒「ボージョレ・ヌーボー」の今年の国内商戦は、これまでとは大きく様変わりしそうだ。手ごろさが売りだった値段はロシアとウクライナとの紛争や円相場の急落などで大幅に上昇。これに伴い販売数量も大きく落ち込む見通しだ。関係者の間には「来年以降も回復は期待薄」と早くも悲観論が広がる。日本のワイン市場をけん引してきたボージョレ・ヌーボーは果たしてどうなるのか――。
ワインショップ「ウィルトスワイン」(東京・渋谷)は毎年秋口になると、その年に販売予定のボージョレ・ヌーボーのラインアップを店のホームページやSNS(交流サイト)にアップし、個人客からの予約を受け付けてきた。ワインの専門店だけに種類も豊富で、昨年も10種類前後の銘柄をリストアップしていた。ところが今年は、いくら待てどもその情報がアップされない。
気になって、オーナーの中尾有さんに問い合わせると、「今年は1種類しか売らないので、お知らせするのをやめました」。しかも、その1種類も1本4800円(税別)と、昨年に比べて約1500円の値上げ。高級ワイン並みの値段だ。「今年はボージョレ・ヌーボーの輸入自体をやめたという輸入業者もいるし、輸入はされても仕入れ値が高く、こちらの判断で仕入れを見送ったケースもある」と中尾さんは明かす。

■発売延期やペットボトル入りも登場

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/7e68915809bd1a75af32104d220f09a74fb5589e

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事