【疑惑】対戦相手が肛門にバイブレータを仕込んで不正? チェス王者が試合放棄…

NO IMAGE

【疑惑】対戦相手が肛門にバイブレータを仕込んで不正? チェス王者が試合放棄…

チェス(英: chess、ペルシア語: شطرنج‎ / šaṭranj シャトランジ)は、二人で行うボードゲーム、マインドスポーツの一種である。白・黒それぞれ6種類16個の駒を使って、敵のキングを追いつめるゲームである。チェスプレイヤーの間では、その文化的背景などからボードゲームであると同時に「ス…
51キロバイト (6,642 語) – 2022年8月14日 (日) 12:33

(出典 )
不正して勝っても虚しいだけだろ…

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/23(金) 12:44:50.67ID:kuvq1lwP9

2022.09.22 22:00

author Kyle Barr – Gizmodo US
[原文]
(岩田リョウコ)

不正抗議か完全敗北か、さて真相はいかに!?
ノルウェー出身のチェスの世界王者でグランドマスター、マグヌス・カールセン氏が、無名の19歳ハンス・ニーマン氏との対戦中に突然棄権するという事件が起きました。しかもたった二手目で。
一体なにが起こったのでしょう? chess24.comのツイッターにその時の様子がアップされています。一手目、先手ニーマン氏が動かし、後手カールセン氏が動かします。二手目、先手ニーマン氏が動かした後、それまで解説をしていた司会者が急に「ワット!? ノー、ノー!」と愕然とし始めます。よく見るとカールセン氏の名前の横に「Lost」の文字が。まだ二手目なので、自ら投了したという意味を理解をするのに追いつかず、あたふたしているうちにカールソン氏が画面から消えてしまったというのが一連の流れ。

お尻に電波を送って不正行為!?

果たしてなぜ世界王者カールソン氏はたった一手動かしただけで投了してしまったのか。これはどうやら理由があったようです。実はこの二人、9月4日からミズーリ州で開催されていた世界大会の決勝でも対戦していました。なんとその対局で、無名の19歳ニーマン氏が53連勝中の世界王者カールソン氏に番狂わせの勝利。その後カールソン氏は大会を棄権しています。
大勝利をおさめたニーマン氏でしたが、過去にAIを使って不正を行なっていたことが判明し、ソーシャルメディア探偵たちによって今回も不正していたんじゃないかという疑惑が浮上。しかもお尻にバイブレーションを入れて、そこに遠隔で電波を送りAIチェスの手を教えてもらっていたという疑惑が広がり始めました。これをおもしろがってさらにTwitterで拡散したのがイーロン・マスク。これでお尻疑惑がさらに加熱したというわけです。
またカールソン氏はこの大会を棄権したあとTwitterで「話せば大きな問題になる」と匂わせたツイートをしたことから、やはり不正があったのでは? と勘繰る人が増え、日本生まれのチェスグランドマスター、ヒカル・ナカムラ氏もニーマン氏は外部からの助けがあったのではないかと示唆。今回二手目で投了したのは、そんな不正疑惑に対する抗議なのでは? と噂されています。

https://www.gizmodo.jp/2022/09/chess-magnus-carlsen-hans-niemann-ai-chess24.html

続きを読む

続きを見る

ねことダンボールカテゴリの最新記事