川崎市のふるさと納税 実は102億円の大流出❓❗

川崎市のふるさと納税 実は102億円の大流出❓❗

川崎市のふるさと納税 実は102億円の大流出❓❗

川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する。政令指定都市であり、人口は約154万人。 市内全域が旧武蔵国に属し、神奈川県内の市町村では唯一、旧相模国に属していた地域を含まない。7の行政区がある。(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区) 政令指定都市20
102キロバイト (11,396 語) – 2022年9月4日 (日) 13:09

(出典 www.nippon.com)

1 バロキサビルマルボキシル(東京都) [US] :2022/09/21(水) 05:28:11.91ID:sBegR1ef0●

ふるさと納税、市税「流出」深刻…川崎市102億円「56万世帯超のごみ処理費に相当」

 2021年度、神奈川県と県内33市町村に集まったふるさと納税の寄付金は、計155億203万円で過去最多となったことが、総務省の調査でわかった。
これに対し、寄付に伴う住民税の控除額は今年度計595億4692万円で過去最多となり、横浜市や川崎市では、市税の「流出」が拡大している。

 寄付金の受け入れ額は、南足柄市が前年度比7937万円増の29億2126万円で県内トップ。市内で製造されるビールや化粧品などの返礼品が人気という。
ただ、ビール工場は来年閉鎖されるため、キャンプ場の宿泊券などの返礼品のPRに力を入れる。寄付の半額は事務経費などに充当されるが、
市財政課は「財政規模が大きくない自治体には、財源の大きなウェートを占める」とする。

 2位の鎌倉市は、加工肉やシャツの返礼品が人気を集めて17億394万円、3位は旅行クーポン券が人気の箱根町で12億8002万円だった。

 寄付先に選ばれた自治体には貴重な財源となるが、納税者が居住する自治体では住民税が控除され、税収が減ることになる。

 横浜市の市税流出額は22年度、前年度比53億1340万円増の230億890万円で全国トップ。一方でふるさと納税による昨年度の寄付は、
3億3708万円にとどまった。制度上、減収の75%分は国から穴埋めされるが、市財源課の担当者は「25%にあたる57億円超の市税を
失うのは影響が大きい」と頭を抱える。

 市はライバル自治体への対抗策として、2年前から返礼品を充実させる方針に力を入れ、最近では横浜中華街の点心詰め合わせ、
高級ホテルの宿泊券など49種類を追加し、巻き返しを図っている。

 横浜市よりも深刻なのは川崎市だ。今年度は102億9132万円の税収が流出したが、国から「市の財政状況は豊か」と判断されているため、
国からの補填はない。失われる税収は、市内全世帯の4分の3にあたる56万世帯超のごみ収集と処理費に相当する。

 市財政課の担当者は「行財政改革などで減収分の財源を確保し、市民生活に影響が出ないようにしている。国に制度の見直しを求めたい」と語る。

全文
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220915-OYT1T50086/

続きを読む

続きを見る

まとめだかニュース速報@カテゴリの最新記事